FC2ブログ
 2011年04月の記事一覧 

 セイヨウタンポポ 

タンポポといえば、こちらセイヨウタンポポ。
と言っていいくらい多いですね。

少し複雑な気分も残りますが、
とりあえず、タンポポの黄色、元気をもらえます。


セイヨウタンポポ110414榛東村 (3)80
11.04.14 榛東村


セイヨウタンポポ110426榛東村
11.04.26 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



 アズマシャクナゲ 

シャクナゲの花は儚い。
なかなか美しいときに出会えません。

花びらの縁に残る薄紅色がとてもやさしく好きですね。


アズマシャクナゲ110414榛東村 (3)80


アズマシャクナゲ110414榛東村80


アズマシャクナゲ110414榛東村 (6)80
いずれも、11.04.14 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ハクモクレン 

ハクモクレンは咲くまでがいいね。
特に、やわらかでふさふさしてる微毛。
あたたかそうで大好き。


ハクモクレン110407榛東村 (2)80


ハクモクレン110407榛東村2 (5)80
いずれも、11.04.07 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ヒガンザクラ 

サクラはとてもたくさん種類があるようです。
が、実のところ私にはほとんど区別がつきません。


ヒガンザクラ110407榛東村 (3)90


ヒガンザクラ110407榛東村 (2)80
いずれも、11.04.07 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ヒュウガミズキ 

ヒュウガミズキの淡い黄。
このやさしさ好きです。


ヒュウガミズキ110407榛東村 (3)90
11.04.07 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 雲 

110424空 (4)90

雲でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ジンチョウゲ 

花びらの周囲の淡い紅色が美しい。
私の好きな色です。


ジンチョウゲ110407榛東村90
10.04.07 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ストロベリー&ミルクバウム 

季節ですね。
いちごに惹かれて買ってみました。
お味?
フツー。


110415お菓子50

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 雨上がりの空 … 朝 

今日のよい天気を予感させます。

110420空 (7)95

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 雨上がりの山々 

久しぶりの春の雨。
翌朝、山を遠望する。


110420空 (4)95

浅間山。
雪だったんですね。真っ白になっています。
いつ見ても上がる噴煙が、
この山自身が生きていることを証ししています。



110420空 (5)95

榛名山。
榛名富士と相馬山。
アップにすると、どこの山かと見まがうばかりですが、
榛名富士のロープウェイもしっかり写っています。



110420空 (6)95

赤城山。
鈴ヶ岳、鍋割、荒山です。
見慣れた山々です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 北アルプスの山々 1958 

岩波写真文庫<復刻ワイド版> 

110403本 (2)c

写真はすべてモノクローム。
鮮やかでないだけに、かえってよい雰囲気があります。
写し込まれている登山者の姿、山小屋の朝には
さすがに時代を感じます。

でもね、山々は私が知っている姿と変わりません。
ずっと前から山はそこにあって、
私もかつて登って、これからもずっとあるのでしょう。

私がそうした山々に再びまみえることがあるのでしょうか…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 シダレザクラ 

毎春、このシダレザクラを愛でるのが楽しみです。
あと何度見られるかなって、少しセンチメンタル。

花ももちろん美しいけど、花開く直前の濃いピンクが好き。


シダレザクラ110407榛東村 (8)90


シダレザクラ110407榛東村 (3)90
いずれも、110407 榛東村



 カタツムリの殻 

死してなお 殻をとどめる かたつむり

カタツムリ110407榛東村70

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 岩崎屋の焼きそば 

太田焼きそば第2弾かな。
いろいろ見ていて気になった黒い焼きそば。
さて、お味は…。

110409焼きそば60

具はキャベツだけ、見た感じ黒がインパクトあります。
食べてみると、けっこう甘いソース。
胡椒をたっぷりかけてみたいな感じ。

麺は太めでもちもち感あり、これまたちょっと変わっています。

食べてみたかったけど、食べてみれば気がすんだかな。

ちなみにお店はこんな感じ。

110409焼きそば (3)70

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 麦畑 

子どものころ、今よりもっと麦を栽培していて、
今ごろの季節、麦畑で遊んだっけ。
穂が出るころになるとかたい葉も、
まだやわらかくて気持ちがいいんだ。
子どもだと中に倒れ込むと姿が見えなくなったりして。
走り回ってかくれんぼとかしたなぁ。


110409麦畑 (3)40
110409 玉村町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 シイタケ 

春の自然発生。
コナラのかたい樹皮を破って、出てきます。
今年は雨が少なく、大きくなれずにいます。
きのこが成長するとき、乾燥していると、
傘が割れて白い肉が見えるようになります。
花が咲いたようにも見えるでしょう。
まだ傘が開いてなく、こうしたものを、
「花どんこ」って言います。
このシイタケのように肉の白さが際立っているときには、
さらに「天白どんこ」とも。


シイタケ110407榛東村60
110407 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 からふるぽてと 

川越、菓匠右門のお菓子。

110403お菓子 (4)c    110403お菓子 (6)60

まるでさつまいもの風味でした。
バターも効いてるから、
「じゃがばた」ならぬ「さつまばた」っていう感じかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 オオイヌノフグリ 

ゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草です。
瑠璃唐草とか星の瞳なんて言う素敵な別名があるとか。
そうですよね。
大犬の陰嚢っていうイメージのお花じゃないです。


オオイヌノフグリ110407榛東村90
110407 榛東村

ヨーロッパ原産の帰化植物なんですね。知りませんでした。
春はやく、日だまりに見つけるとうれしくなるかわいらしいお花です。
鮮やかな青も、澄んだ空を思い出されいいですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ロッテ クランキー ほんのり桜風味 ベリーと桜のタルト 

パッケージの桜も綺麗だし、
わずかな桜の香りもいいね。

110405いちご (2)70

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 プチッと苺 クランキー 

「プチッとはじけて苺の香りが広がる」は
そのとおりだけど、
ビスケットがわたし的にはわずかに甘すぎるかな。


110404いちご (4)c70

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ミツバチの巣箱 

110223ミツバチ55

この写真は実は2月下旬のもの。
この頃、いったい何の花が咲いていたんだろうって。
まだ、ウメも早かったような気がしましたが。

いったん、どこかに運ばれて見えなくなりましたが、
最近、またおかれてました。
今度は春爛漫。
次々に様々な花が咲きますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 きのこの山 練乳いちご 

朝のコーヒーと一緒に食べる一本二本。
いちごと練乳と砂糖がからだを駆けめぐるよう。
目が覚めます。


110405いちご (6)c

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ブランフレーク プレーン 

香ばしくて、サクサクした感じが好き。
コーンフレークのようにミルクをかけても
くったりしないのもいいね。


110403お菓子50

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ロッテ クランキー プチッと苺 

クランキーチョコレートは好きだけど、
このいちごもなかなかおいしかった。
甘すぎないのが好みかな。


110404いちご (2)c80


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ピュレグミ アップルジンジャーエール 

やさしいハート型がいいね。

110403お菓子 (10)c80

ジンジャーがしっかり効いていて、
それでいてりんごともいい感じ。
酸っぱさがリフレッシュさせてくれます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 古代ローマ人の24時間 

アルベルト・アンジェラ著 関口英子訳
  2010.7 河出書房新社刊

110227本 (3)60

まるでTVカメラで追ったルポのように臨場感あふれる
古代ローマの24時間。
現代の異文化世界の生活を垣間見ているようです。

古代ローマ人が日々どのような生活をいていたかが
見てきたようにわかります。

そんななかで、

「私たちはつい見落としがちだが、たとえ簡素で目立たないものであっても、博物館の展示品の一つひとつに、このような人間味がこもっているものである。その品物がどのように作られ、使われてきたかに思いを馳せれば、展示ケースのガラス越しに見る者の目も、まったく違ったものとなることだろう。」

という言葉、
何気なく博物館の片隅に展示されている日用雑器など、
いつ誰が作って、どういう風に作って、
それを誰がどういう風に使っていたかのか、
その周りでどんな生活が営まれていたのか想像してみると、
物語が生まれ、唯一無二のものに思えてくることでしょう。

次の機会にはそういった目で
何気ない展示物に向かってみたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 尾瀬 1951 

岩波書店刊、1951年5月発行のものを
1990年3月復刻発行したものです。

110227本 (6)70

植物学者で尾瀬の保護に熱心に取り組んだ武田久吉博士の監修だけあって、
植物のこと、自然のことに力が入ってます。
植物も景色も当時も今も大きく変わらない訳ですが、
モノクロームな写真のためか、
ものすごく昔の様子を写し取っているように感じます。

変わらないはずと言いながらも、
古き良き尾瀬を知ることができますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30