Archive: 2010年10月  1/1

ベニバナイチゴ

実はベニバナイチゴを意識してみたのはこのときがはじめて。見慣れない花だなって、写真はいっぱい撮ってきましたが、そのままになっていて、今ごろになって調べてみました。なんと名前だけではなく、本当にバラ科キイチゴ属に属し、赤い実もなるようです。いずれも、10.07.04八幡平にほんブログ村...

  •  0
  •  0

モミジイチゴ

初夏の山歩き、甘く渋い実をつまんで口に。ふっと息つく瞬間です。いずれも、10.06.12 渋川市にほんブログ村...

  •  2
  •  0

ヤマオダマキ

淡い色合いのヤマオダマキです。色のバリエーションが多いけど、私はこんな感じが好き。いずれも、10.06.12 渋川市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

アキアカネとウツボグサ

アキアカネはおそらくそうかなっていうレベル。一応は羽根の模様とかで確認してみましたが…。10.07.18 美ヶ原陽光あふれる高原の夏の一日どこに行ってしまったのでしょう。瞬く間にときは、日々は、季節は流れます。あと何度夏を迎えられるのでしょう。もしかして、貴重な夏を無為にやり過ごしてしまったのかも知れません。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

デニッシュ バター クッキー

海を渡ってきてこのお値段??って、お値段がすごくチープだったけど、お味もね…。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

シラネアオイ

いずれも、10.07.04 八幡平いつどこで見てもやさしい素敵な花です。それほどめずらしい感じはしませんが、それでも見かけると得をした気分になります。和名の由来、日光白根山ではニホンジカの食害により、一時姿が見えなくなりましたが、ネットを張ったり、防護柵を作ったり、植栽したり、懸命の保護をしているようです。シカ、増えすぎたようです。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

グリスビー・フルーツチェリー

いかにもサクランボをたっぷり使ってあるようなパッケージ。ふっくらかわいらしい姿。期待させてくれます。でもでも、???もう絶対買いません。っていうか、イタリア製に期待してはいけないのかも…。にほんブログ村...

  •  2
  •  0

キブシ

春まだ浅いころ、葉が伸びる前に淡い黄色の花を穂状につけます。とても控えめな花ですが、まだ花の少ない時期ですのでだけによく目立ちます。春を告げる花。この写真はもちろん実です。10.06.12 渋川市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

サルトリイバラ

広い葉っぱで緑の実がついているのがサルトリイバラです。名前と茎に硬い緑色のトゲがあるので覚えやすいです。10.06.12 渋川市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

今夜はきのこうどん

今年はきのこが大豊作!?いただきもののきのこ、シロナメツムタケとハナイグチできのこうどんを作りました。両方ともカラマツ林でよく見かけるのきのこです。一番大きいハナイグチ(一番右)も虫が入ってなくて、いい感じでしたよ。あとは、大根とにんじんと鶏肉。唐辛子とめんつゆとお味噌で味付けです。汗をいっぱいかいて食べました。いつの間にか熱いおうどんがおいしい季節になりましたね。PSお箸がフゾロなのが恥ずかしいです...

  •  0
  •  0

アブラチャン

名前がかわいらしいので好きな木です。クスノキ科特有のよい香りがありますし、葉柄が赤く、見分けやすいですね。アブラチャンのアブラは油で、昔、果実や枝から油をとって、灯油として利用していたそうです。10.06.12 渋川市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

フルーツライ

わたし的には、パンと言えば浅野屋さんのフルーツライです。フルーツライは大好きなパンな訳で、あちこち(と言っても田舎な地元と軽井沢くらい)で食べていますが、浅野屋さんのが一番です。何度となく買ってますし、一度の2本、3本と買うこともよくあります。ラム酒に漬け込んだレーズン、オレンジピール、アーモンドにクルミ。たっぷり入っています。オレンジピールがたくさん入っているとあたりのフルーツライとしています♪に...

  •  0
  •  0

パン・オ・レ

浅野屋さんのパン・オ・レ、久々にゲットかな。うり坊みたいだねって盛り上がりました。お尻もかわいいでしょ♪筋も通っているし、なかなかいい感じ。水の代わりに牛乳で練り上げたミルクパンなんだって。バターもたっぷりで、ほのかに甘みを感じます。ジャムやフルーツ一緒にってあるけど、そこまでいかず、そのままちぎりながら食べちゃいました。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

森のいりぐちでリースをみつけました

そう、9日はSkogさんのリースフェアの初日だったんですね。私、ぜんぜん意識してなくて、いえ今月リースフェアだって知ってはいたのですけど。それでたくさんデスプレイされていて、さんざん悩みました。狭いからあまり大きいのは飾れないしなぁ…とか。そうして悩んでいる時間がいいですよ。だって、素敵なものの中から選択しなくちゃならないってとても贅沢な悩みですもの。で、選んだのがこのコです。緑に赤い実、ピンクや...

  •  2
  •  0

森のいりぐちできのこゲット♪

昨日は雨の軽井沢に行ってきました。もちろんSkogさんとこ。ひとしきりおしゃべりをしていたら、Skogさんのお友だち、ゆうさんがきれいなじこぼう(ハナイグチ)を持ってみえました。「うちのお庭にもきのこが生えてるのよ」って、Skogさん。見せていただくと食べころのナラタケ(たぶんワタゲナラタケ)です。ハナイグチはお裾分けをいただき、ナラタケはきのこ狩りをさせていただきました。お味噌汁系が間違いなく合...

  •  6
  •  0

リクガメの憂鬱

バーリン・クリンケンボルグ著、仁木めぐみ訳2008.8.30 草思社刊かめ目線でみた人々の生活をユーモアを交え書かれています。そんな中からいくつか。「あれは逃亡だったのかな?あのとき私は八十一歳だった。もう歳だし、動きがのろいから、逃亡なんてできないだろう、人間たちはそう考えていたはずだ。自分たちは歳とともに動きが鈍くなるから。」「人間とはそういうものだ。すばやい動きには気づくのに、のろいものにはまるきり...

  •  0
  •  0

ウワミズザクラ … 未熟な果実

まだ未熟な果実です。10.06.12 渋川市ちなみに花は以前紹介しました。5月9日に花が咲いていましたから、1ヵ月ほどの変化と言うことになります。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

軽井沢レザン

浅野屋さんの軽井沢レザン、あこがれのパンです。1.8kgの量り売り用のぶどうパン。だから、いつもスライスされたのをグラムいくらで買ってましたが、いつか丸ごと食べてみたいって。そうしたら、願いがかなったのでしょうか。店頭にドンッとおいてあるところに出会っちゃいました。思わず、「レザン、1本ください!」って。「切らなくていいですか?」としつこく聞かれましたが、丸ごとが愛おしくてそのままお持ち帰りです。...

  •  0
  •  0

ザラエノハラタケ

ザラエノハラタケ  Agaricus subrutilescens                                     ハラタケ科ハラタケ属図鑑をみるといつの間にか毒きのこになってました。ずっと食べていたのですが…。味はいいですよ。ハラタケ属やモエギタケ属のきのこは成熟すると胞子が濃く色づきます。そのことで食べるのをいやがる人が案外多いですね。私は色合いも楽しんじゃうみたいな感じで、お料理に色がつく...

  •  0
  •  0

ヤグラタケ

ヤグラタケ Asterophora lycoperdoides                                      キシメジ科ヤグラタケ属夏から秋、クロハツやツチカブリなどの古い子実体の上に発生します。傘径0.5~2.5cmくらい。傘の中央部が成熟するにつれ、粘土褐色の厚壁胞子に変化するところが興味をそそられます。10.09.12 みなかみ町それにしても雨だったせいもありカメラを手持ちで雑に撮影したから手前...

  •  0
  •  0

オオミノコフキタケかな?

オオミノコフキタケ  Ganoderma australe かな?結局のところ胞子を見てないのでなんともです。ただ、東京都区内で発生していたこと、縁部が薄く環紋が乱れていることなどから、そうかなって。10.09.15 目黒区にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ウラジロナナカマド

たぶんウラジロナナカマドだと思います。10.07.04 八幡平撮影するときは、山登りの途中、花を中心にパシャって撮影して終わりにしちゃうけど、花の付き方、葉の付き方、葉裏、枝振りなどなど、いろいろ撮影しないと写真での同定はむずかしいですね。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

アミガサタケ

アミガサタケ  Morchlla esculenta                                アミガサタケ科アミガサタケ属春、疎林や草原、道端などに散生または群生します。高さは5~12cm。10.04.13 榛東村春を告げるきのこ。バター炒めにするとおいしいが、生食にならないようによく火を通す。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

カメムシタケ

カメムシタケ  Cordyceps nutans                                       バッカクキン科冬虫夏草属カメムシ類の成虫に寄生し、寄主の胸部から発生する。全長5~17cmで黒い針金状の柄と、朱橙色~赤色の紡錘形の頭部からなる。いずれも、10.07.30 長野原町地面にむきだし、仰向けに転がるようになっているカメムシから発生しているので、比較的見つけやすい。にほんブログ村...

  •  0
  •  0