FC2ブログ
俳風動物記
2010/07/03(Sat)
宮地伝三郎著、岩波新書

1984年の出版です。
今も絶版にされずあるのでしょうか。

100629本 (12)70

雑司ヶ谷のフリーマーケットみたいなところで見かけて、
おもしろそうだなって連れてきました。

著者は動物生態学者で鮎の研究をしていたとか、
研究に役立てようと収集した俳句を取り上げながら、
そこに含まれる事々を研究者の立場からひもときます。

アユ、カワウソ、それから琵琶湖に住む小動物たちを取り上げています。
俳人の自然を見る目の確かさ、
また伝聞によって作られたのではないかという推理、
そんなものを織り交ぜ、実際の生態と絡めてお話しは、
楽しく読むことができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |