FC2ブログ
2010 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 08
評伝 河口慧海
2010/07/02(Fri)
奥山直司著、中公文庫

100629本 (13)70

明治の時代、仏典を求めて単身チベットに潜入した
河口慧海。
その潜入行は、河口慧海の書いた「チベット旅行記」で
読んでいましたが、それだけでない、人、河口慧海の生涯を
伝記というより、
評伝と言う言葉がはまる一冊に仕上げたのが本書です。
日本にいても、自分を貫き、
直情短慮に思われるところを持ちながらも、
これと思ったことに長期的に着実に取り組む河口慧海は
人生そのものが「チベット旅行記」のようです。
自分にはできないけど、こんな人生には強いあこがれを持ちます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |