FC2ブログ
 2009年03月の記事一覧 

 エコチョコ フォレスタ bitter 

ブラジルのアグロフォレストリーにより
栽培された認証カカオ豆100%使用だって。
こういうことも意識しちゃいますね。

お味もばっちり、おいしかったですよ。

090322チョコ (2)c



スポンサーサイト



 Noumin  Rosso 

農民ロッソ、ココ・ファーム・ワイナリー製。
素朴な味わいの赤というところでしょうか。
使っているブドウの品種が、
メルロ、カベルネ・ソーヴィニョンの2品種とか。
メルロの味がしっかり出ているようで、
私好みです。

090323ワイン (3)c



 大人のToppo 苺のオムレット 

いちごの甘酸っぱさと生クリームがバランスいいね。
なかなかおいしいですよ。
疲れたときのエネルギー補給と気分転換にいいかも。

090225いちご (4)80



 クランキー 沖縄黒糖 

黒糖の独特の甘さとクランキーのモルトパフが
けっこう合います。
チョコレートの甘さが黒糖だと変?って感じだけど、
クランキーが活きてるね。

090322チョコ (4)c80



 レーズン サンド クッキー 

先日の佐野、足利ドライブの折、
ワインと同じココ・ファーム・ワイナリーで購入。

うーん、ちょっと味に深みがないかなぁ。
クッキーとクリームと干し葡萄を合わせただけっていう
感じがしました。
もう少しこだわった欲しいなぁ。

090308お菓子 (4)75



 カプリコ 

いちご味3本とチョコ味2本入り。
あっという間に食べちゃいました。

090222いちご (5)70



 いちご リングチョコ 

リング型のコーンパフに
いちご味のチョコレートがかかり、
しっとりしている感じがとても美味しいです。

090222いちご (3)70



 いまここ ロゼ 

栃木県足利市のこころみ学園のワイン醸造所、
ココ・ファーム・ワイナリーのロゼワイン。
さわやかな味と、少し深い目の色合いがいいですね。

ちなみにラベルの文字は相田みつをです。

090317ワインc



 パキッツ ストロベリー 

最中の皮のようなのがなかなかいい感じ。
また欲しいけど、まだあるかなぁ。
季節の移り変わりは早く、
そろそろいちごものは店頭から消えてます。

090225いちご (5)70



 パンヂュウ 

足利市旭町、神社の境内に通りを向いておかれた屋台で
作り、売られています。
足利学校に向かう途中、目につき、なんだ!なんだ!!って。
足利学校を観た後、歩いて買いに行ってきました。
行列に並ぶこと何十分?。
やっと買えた次第です。

090308パンヂュウc

1個30円、すごい安いです。
安すぎなのではと、
いろいろ調べると少し前まで4個100円で売っていたよう。
値上げしたのかぁと妙に納得したりして。

この今川焼のような、タイ焼きのような、ホットケーキのような生地に
塩味のこしあんがたっぷり。
塩味加減でいくつでも食べられちゃうみたいな感じです。

並んでまで買うのはなぁとも思いますが、
通りかかって列がなければ買ってもいいかなって思えます。



 鑁阿寺(ばんなじ) 

足利学校のすぐ北側にある、足利家ゆかりのお寺。
1196年に足利義兼が大日如来を奉納したことに発し、
1234年に足利義氏が伽藍を整備したそうです。
なかなか雰囲気のある大きなお寺です。

090308ばんな寺 (2)50


090308ばんな寺 (6)60

足利学校といい、鑁阿寺といい、
この地がその昔、東国、坂東の文化を担っていたことが
うかがえます。



 足利学校 

日本最古の学校と言われています。
その創建は奈良時代とも平安時代とも
鎌倉時代とも言われており、
室町のころからははっきりと歴史がわかっているようです。
フランシスコ=ザビエルは、
日本で最大にして最も有名な大学として
世界に紹介しているそうです。
写真に大きく写っている方丈、庫裡は残念ながら
平成2年に復元されたものです。
しかしながら、往時の雰囲気が感じられ、とてもよい感じです。

090308足利学校 (2)60


090308足利学校 (4)60



 かめさんのチョーカー 

なかなかかわいいかめさんです。

061119かめアクセ (1)

なんか、お疲れのときのかめ頼みだなぁ…。



 おぐら屋 

佐野ラーメン、「おぐら屋」さん。
大きなお店。
11時開店のところ、11時15分ころ着いて、
すでに30人くらい待っていました。
すごいですねぇ。

090308おぐらや

餃子がおいしかったr(^^)



 田中正造旧宅 

田中正造は現在の栃木県佐野市の人で、
明治の初め、栃木県会議員、国会議員を歴任、
足尾鉱毒事件に伴う直訴を明治天皇に試みました。
晩年まで農民の側に立って、明治政府に抵抗しました。

その田中正造の旧宅です。

090308田中正造生家 (7)70

表門と父親のために建てた隠居所。


090308田中正造生家 (6)55

母屋、正造の生まれ育った家です。


090308田中正造生家 (3)55

屋根裏は竹でできており、
梁の手斧(チョウナ)削りのあとがはっきりわかります。
19世紀初めの家はこんな感じだったんですね。
なんだか感動してまじまじと眺めてしまいました。



 白くまソフト いちご 

キャップをとるときに先っぽが欠けちゃいました。
ちょっとがっくり。
でも、けっこうかわいくて、おいしかったよ。
きちんといちごが載っているところがいいね♪

090305アイス85



 お雛様 

奈良で見つけて、連れ帰ってきました。
行ったのが2月末、いろいろなお雛様が並んでいて、
かわいいので選びました。

090228お雛様c



 法起寺 

斑鳩の田園風景の中にごく自然な佇まい。
三重塔はわが国最古と言われ、706年の建立だそうです。
静かな雰囲気がとても気に入りました。

090228法起寺 (5)40



 信濃ワイン  限定品 

2007年産竜眼種で、13800本限定だそうです。
そんなに特別感は感じられなかったけど、
私は、竜眼種のワイン、大好きですから、
いいのです。

090308ワイン (3)c

葡萄の葉にとまる蜻蛉がかわいいです。



 法輪寺 

三重塔。
残念ながら、1944年に落雷によって焼失してしまったのだそうです。
1975年になりようやく同じ姿で再建できたとのことです。

090228法輪寺 (3)50



 かめのペンダントトップ 

なかなかリアルです。

061119かめアクセ (3)


 中宮寺 

法隆寺、夢殿の奥、隠れるようにあります。

如意輪観音菩薩半跏像のお顔の優しさに
心なごみます。


090228中宮寺 (3)65


きわだ葺きの屋根。
ヒノキの板を互い違いに重ね合わせて、屋根を葺いています。
こんなに間近で見られたのは感激です。

090228中宮寺60


 法隆寺 

修学旅行以来の法隆寺です。
いったい何年ぶりでしょう。
片手ではあまりあります。

090228法隆寺 (3)60

正面から。


090228法隆寺 (6)65

五重塔。


090228法隆寺 (9)65

こんなやつが四方で支えてるんですよ。
お疲れさま。

修学旅行とは違い、ひとり静かに時間をかけ、観て歩きました。
こんなだったんだっけなぁ、っていう感じです。
修学旅行の思い出、または私の中のイメージって
歴史の教科書に出ている写真以上のもではありませんでした。
今回、この機会に訪れてとてもよかったなぁって思いました。
天気も良かったせいでしょうか。
機会があれば、というより、機会を作り、
何度でも行きたいと思えます。

きっと、観るたびに新しい発見、新しい思いがあることでしょう。



 いちごしみコーンスナック 

結局、本物いちごにこだわったようなお菓子より、
こうしたジャンクっぽいいちごの味が好きかも。

090222いちご (2)80



 浮見堂 

とても雰囲気がいいですね。
こんなところで一日夢見心地で過ごしたいかも…r(^^)

090226浮見堂 (3)90


090226浮見堂90


 Meiji チョコレート<ストロベリー> 

「厳選いちごの華やかな香りと甘酸っぱい美味しさ」とか
「リアルにこだわった果実感」とか
パッケージに謳われているけど、
うーん、ただ甘いだけのような…。

090222いちご (13)80



 新薬師寺 

「新」は新しいではなく、新たかなという意味なのだそうな。
この本堂、奈良時代からここにあるって、
すごく不思議な感じがします。
だって、住宅地の真ん中にありますから。

090226新薬師寺 (2)65

薬師如来坐像が本尊。
とてもいいお顔です。
穏やかで私の心を和ませてくれます。
ずっと見ていたいって思わせます。

また、十二神将はとてもかっこいいです。
特に伐折羅(バザラ)大将が一番です。
見惚れてしまいますね。



 春日大社 

本殿まで長い参道でした。
なかなか雰囲気があってよかったですけど。
石灯篭の続く道。
苔むし、歴史を感じます。

090226春日大社40

周囲の森の深さ。
私には馴染みの薄い照葉樹林。
できることなら、その森の奥深く足を延ばしてみたいところですが、
参道を外れて、自由気ままにあることはできません。

090226春日大社 (2)50


本殿ははるかかなた。
もう少し近くまで寄らしてくれてもいいのにな。

090226春日大社 (4)50



 奈良国立博物館 

ここはお友だちの推薦です。
興福寺から高い方に歩いて行くとありますから、
吸い込まれるように寄ってみました。

本館、たくさん仏像が並んでいて、だんだん食傷気味、
分からなくなってきます。
そんな中、異色だったが故か、
1体だけあった西域の仏像。
まるでギリシャ彫刻のような顔立ちで、
はっきり言って素敵、かっこよかったです。

090226博物<br />館50

画像奥、藤棚の向こうに見えるのは、
博物館中庭にある茶室、八窓庵です。



 興福寺 

五重塔。
こんなところにもシカさんがいるので、びっくり。

090226興福寺 (2)65


東金堂と五重塔。

090226興福寺 (8)85


夕暮れ、赤く染まる東金堂と五重塔。

090226興福寺夕べ95


夕暮れの南円堂。

090226興福寺夕べ (3)80


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -