FC2ブログ
フチドリツエタケ
2008/07/09(Wed)
フチドリツエタケ(Oudemansiella brunneomarginata)
                             キシメジ科ツエタケ属

傘径は3~15cm、傘の表面には粘性があって放射状のしわがります。
はじめ帯紫褐色で、のちに灰褐色からほとんど白色。
ひだの縁は濃紫褐色。柄には傘と同色のだんだら模様がある。
秋に広葉樹の枯幹に群生する。

フチドリツエタケ071021沼田市利根町赤城北面 (1)75

ひだの様子。このきのこは縁どりの色がうすい。
フチドリツエタケ071021沼田市利根町赤城北面 (7)90

なかなか見られないきのこだと思っていましたが、
昨年秋は何回も見ることができました。
年によって、多くみられるきのこが違います。
天候がきのこの発生になんらかの影響を与えているのでしょう。
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |