FC2ブログ
 2008年07月の記事一覧 

 シモツケ 

バラ科シモツケ属の落葉低木です。
成長しても1mほどにしかなりません。
日本全国の山地で普通に見られる、
なじみのある花ですね。

080727シモツケ、鹿沢 (3)85

細かい花の集合体ですが、
そのことが少しぼけたような雰囲気を出しています。
そこがけっこうお気に入りだったりします。


スポンサーサイト



 かめのキーホルダー 

080726かめc50

尻尾がかわいいでしょう♪
でもね、とても折れやすいみたいで、
お店にあるときから、ほとんどかめさんの尻尾
ありませんでした。


 ディズニー きのこハンカチ 

お友だちが私のきのこ好きを知っていて、
TDLで買ってきてくれました。

080726きのこ55

白雪姫のこびと、きのことぴったりあうね♪


 香水ブランド物語 

香水誕生の歴史がわかりやすく記されているとともに、
数多くの香水ブランドの歴史、特徴などが書かれています。
香水好きが蘊蓄を語るためになくてならない本かな。
けっこうおもしろく読めました。

080723本(6)


 きのこバッグ 

きのこバッグもいったいいくつあるのでしょう。
特大バッグの中に大バッグ、さらに中バッグ、
小バッグと収納してあるけど、
ときどきひっくり返してみると、
あれっ!?こんなのもあったんだって感じです。

これは、新着です。
080722フェリシモ (4)55


 Freeze Dried Tropical Fruit Durian 

ドリアンのフリーズドライ。
一口食べると、
ドリアン独特のまったりとした香りと味が広がります。
2つめはもうクセ。
ものすごくおいしいですよ。
やっぱりドリアンは最高です♪

080721お菓子80


 三色 安倍川もち 

静岡土産と言えば、
最近ではうなぎパイが定番になりつつありますが、
今回は少し懐かしい感じの
安倍川もちにしました。
でも、三色って頭についてますけど。

080721安倍川餅75
ピンクにベージュに緑、どんなお餅が入ってるのでしょうか?
期待されます。

080723安倍川もち (2)65
個包装はこんな感じ。

で、開けてみますと…

080723安倍川もち (3)60
包みの色とはちょっと違いますね。
お抹茶、こしあん、きなこでした。
なぜかこの順番で食べて下さいって食べ方が書いてありました。

どれもけっこうおいしかったですよ♪


 Freeze Dried Tropical Fruit Mango  

ドライフルーツと言うことですけど、
普通マンゴーのドライフルーツって言うと
スライスしてあって、砂糖漬けぽくて、しっとりしたのだよね。
これはフリーズドライだから、
歯触り的にはカスカスした感じ、
だけど砂糖を使ってなくて、
さっぱりした甘みと酸味がお口に広がります。
私は好きです。

080721お菓子(3)


 きのこTシャツ 

これも静岡で見つけました。
昨日のかめさんと同じお店。
けっこうきのこがリアルなのが気に入りました。
こびともリアルだし、
森でこんなきのこはありそうだし、みつけたら、
こびとを探してしまいそう。

080721きのこ (3)40


 静岡で見つけたかめさん 

旅先でかわいいかめさんのピアスを見つけちゃいました。
こんなかわいいのなら、耳に穴をあけよっかなぁ。

080721かめ (2)85


 かめさんのお香立て 

東南アジアって日本よりよっぽどかめさんが身近なんでしょうね。
こうしたかめさんをモチーフにしたグッズがたくさんあります。
だから、エスニック雑貨のお店って好き♪

061118かめ (21)


 かわいいかめさん 

かめさんの置物もたくさんあるよ。
ときどき紹介していくんだ。

061118かめ (20)


 キヒダナラタケ? 

ナラタケsp (Armillaria sp.)  キシメジ科ナラタケ属

広義のナラタケ、いろいろなタイプがあっても、
でもならたけって言うイメージがしっかりありました。
研究が進んで、数種に分かれ、図鑑の記載を読んでも、
今ひとつはっきり種が決まらないのはどうしたことでしょう。
力量不足を感じます。

このきのこ、キヒダナラタケと言われているものに
一番近いように考えます。今となっては写真だけなののが、悔やまれます。
きのこが手元にあるときに、しっかりと同定しておけばよかった。
誰か、ご教授いただけると助かりますが…。


ナラタケsp071107富岡市妙義町大桁山 (7)70
07.11.07 富岡市妙義町、 広葉樹枯幹


 贅沢マンゴー 

確かにマンゴー31%使用って謳ってありますし、
実際しっかりマンゴーの味がします。
でもでも、乾燥マンゴーを使っているんだし、
あくまで生換算しての数字。
それに原材料の一番はじめはなんと砂糖!
これって何?
もしかして、砂糖のかたまりだったのかぁ…

080712チョコ (2)70


 ハナイグチ 

ハナイグチ(Suillus grevillei)  イグチ科ヌメリイグチ属

傘は径4~10cm、ときに15cmにもなる。
まんじゅう形からほぼ平らに開き、黄金色~帯褐橙色で、
著しく粘性がある。
傘の裏側ははじめ膜で覆われるが、やがてつばになる。
管孔ははじめ黄色、後に褐色を帯びる。
夏~秋にカラマツ林内の地上に群生。


ハナイグチ071014川場村 (2)60
07.10.14 群馬県川場村

柄も管孔も写し込んでいないこの写真、これではいけませんね。
今年はもっとしっかり撮影しなければなりません。


 水の流れ 

山登りの途中、
なめ滝の終わるあたりの流れ、
切りもなく、勢いよく流れ来る沢水。
涼を呼びます。
汗がさぁっと引いていきます。

080713四郎岳・燕巣山 (5)50



 ギンリョウソウ 

漢字で書けば「銀竜草」、またの名を「ゆうれいたけ」

080713四郎岳・燕巣山 (7)80

日本全土に分布しているようです。
樹木と菌根を形成するベニタケ属のきのことさらに菌根を作り、
そこから栄養を取っているようです。
ベニタケを通じて樹木が光合成で作った養分を得て生活しているとか。
変わったやつです。
そうそう、色が抜けるように白いのは葉緑素を持たないせい。


 黒くて甲羅が黄色のかめさんキーホルダー 

ありえない色の組み合わせ、かめさん。
こういうのいいよね。
けっこう黒がかっこいいし、
そのわり、目がかわいいね♪

080712かめ95



 かめさん 

今日はお疲れ。
撮りためてあるかめさん写真で、
ごめんなさい。

061118かめ (16)



 フチドリツエタケ 

フチドリツエタケ(Oudemansiella brunneomarginata)
                             キシメジ科ツエタケ属

傘径は3~15cm、傘の表面には粘性があって放射状のしわがります。
はじめ帯紫褐色で、のちに灰褐色からほとんど白色。
ひだの縁は濃紫褐色。柄には傘と同色のだんだら模様がある。
秋に広葉樹の枯幹に群生する。

フチドリツエタケ071021沼田市利根町赤城北面 (1)75

ひだの様子。このきのこは縁どりの色がうすい。
フチドリツエタケ071021沼田市利根町赤城北面 (7)90

なかなか見られないきのこだと思っていましたが、
昨年秋は何回も見ることができました。
年によって、多くみられるきのこが違います。
天候がきのこの発生になんらかの影響を与えているのでしょう。


 御前岩まんじゅう 

栃木県那珂川町へお仕事で行ってきました。
そこで、地元の方に土地の銘菓?と言うことで紹介されたのが
御前岩まんじゅうです。

これが御前岩まんじゅうのもとになった御前岩。
なんでも水戸光圀公に由来するとか。
080704御前岩まんじゅう (4)50

製造元「わみや」さん。
080704御前岩まんじゅう (5)60

包装紙です。
なにやら「珍菓」の文字が読めますね。
080704御前岩まんじゅう (7)85

なかも2種類の個包装がされています。
080704御前岩まんじゅう (9)65

いよいよ開けてみますと、かたちも2種類。
白あんでクルミなども入っています。
お味は平凡かなぁ。
かたちを愛でるらしいです。
でも、もう買いません。
080704御前岩まんじゅう (2)80



 スギの赤ちゃん 

山歩きをしていて見つけました。
大きな伐根。
今生えてるスギは30年くらいな感じでしたから、
その前に生えていた木のものかもしれません。
苔むして、もう土に近いんですね。
たまたま落ちらスギの種が発芽してがんばってます。
大きくなれるかなぁ。

080706栗生山 (10)70



 子どもたち、ベランダへ 

梅雨も後半、蒸し暑くなってきましたね。
最低気温も連日20℃を超え、
かめさんをベランダに出す時期です。
で、昨日、子どもたちも仲良くベランダへ♪
うみとだいちは少し早いかとも思いましたが、
そらが一緒、大丈夫でしょう。
お引っ越し直後、ご飯を入れたら、さっそく食べてました。
一安心です。

080705子どもたち (5)40

左がそら、真ん中上がだいち、右がうみです。
もちろん両親であるもこやまもベランダ、別のゲージにいますよ。


 ヤマモモの実、いただきました 

モモとつきますが、くだもののモモとは縁がありません。
モモはバラ科の落葉広葉樹ですが、
ヤマモモはヤマモモ科の常緑広葉樹です。
実は甘酸っぱくて、
生食すると表面のイガイガみたいなのが口に残ります。
生食でもよいのですが、ジャムや果実酒に加工するようです。
でも、わずかなですし、その日のうちにみんな食べちゃいました。

080701ヤマモモ (3)65



 開運かめさん 

どこかのお寺さんでみつけた開運のかめさん。
金運が開けるのでしょうか。
けっこうどぎついです。

061118かめ (14)



 いしのがめ 

やさしいピンク色合い、つぶらな瞳。
かわいいやつです♪

061118かめ (7)



 ヒラタケ 

一昔、二昔前まで「しめじ」と言われもてはやされたヒラタケ。
最近ではスーパーの店頭で見かけることも少ない、
「幻のきのこ」!?
生産量もがっくり減っています。

食べてはとてもおいしいきのこだと思うのですが、
傷みが早く、スーパーでは嫌がられ、
売り場から消えたという説も。
一週間経っても姿形の変わらないブナシメジに
売り場を取られてしまいました。
なんか変!?

080701ヒラタケ75
ヒラタケ栽培の現場です


 ホコリタケ 

ホコリタケ(Lycoperdpn perlatum)  ホコリタケ科ホコリタケ属

高さ4~6.5cm、径2~4cm。
洋こま形で、幼菌は白色。
熟すと黄褐色になり、頂部に孔が開き、
煙のように胞子を出す。
梅雨期~秋、林地や草地の地上に発生する。


ホコリタケ071013渋川市伊香保町水沢 (1)65
07.10.13 渋川市伊香保町


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -