FC2ブログ
マリア
2008/05/04(Sun)
イエス・キリストの両親、マリアとヨセフの
出会いからイエス・キリスト誕生までの物語です。
一緒に観たクリスチャンの友人の言うところ、
史実というか聖書に書かれているとおりの
物語になっているとのことです。
基本のストーリー展開に脚色はないらしいです。

ヨセフの求婚によるマリアのとまどい
そして、一年の婚約期間に入るのですが、
神の子を身ごもってしまうマリアの驚きとおそれは大きなものでした。
その試練(ではないのかもしれませんが)を乗り越え
強く成長していくマリアの様子。
また、マリアのことを受け入れ、見守るヨセフの成長も感動しました。
二人の間にも、強い愛と信頼が熟成され、
イエスの誕生につながります。

080310マリア (2)45

アメリカの映画ですが、
キャストの出身地が様々なことに驚かされました。
マリア役のケイシャ・キャッスル=ヒューズはニュージーランド。
ヨセフ役のオスカー・アイザックはグアテマラ。
ほかにイスラエル、ヨルダン、フランス、トリニダードトバコ、
アイルランド、イランなどです。
こんなところに世界の広がりと狭さを感じてしまいます。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
重午の節句菓
2008/05/03(Sat)
端午のお節句らしいお菓子ですね。

080429お菓子 (3)50


ぷっくりした鯉のぼりがかわいいです。

080429お菓子 (4)85


これは真鯉。
小豆と抹茶の味でした。
緋鯉はルビーのグレープフルーツ。
うまく剥けなくて形が崩れてしまいました。残念。

080429お菓子90

この記事のURL | 和菓子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツツジあざやかな駅前
2008/05/02(Fri)
駅前の風景。
新緑にツツジの鮮やかな赤が映えます。
生物の勢いを感じるいい季節ですね。

080429駅前 (2)40

この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロイロコウガイビル
2008/05/01(Thu)
きれいでもかわいくもないけど、何となく気になる生物。

クロイロコウガイビル

ウズムシ目コウガイビル科とか。
訳のわからない生きものですが、
頭部のイチョウの葉ような形が笄(こうがい)に似ていることから
名付けられたとか。
けっこう昔から認識されていたようです。

褐色~黒褐色で、体長10cmくらいでしょうか。
ものすごくぬるぬるしていて、
ご機嫌がよい?と笄を前後左右に揺らします。
人家周辺にも生息し、
普段は植木鉢の下や朽木の裏などに潜んでいるらしいです。
雨が降った後には地面を這っているのを見ることもできます。
ナメクジやカタツムリを食べる肉食性です。

080417コウガイビル75


こちらは裏側。
080417コウガイビル (2)80


飼い出しましたが、ナメクジを1匹食べ、
一週間行き、天国に行ってしまいました。
簡単には飼えそうにありません。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |