FC2ブログ
 2007年06月の記事一覧 

 マダケのグリーンカレー 

山際をドライブしてますと、よく竹薮がありますよね。
6月下旬はマダケのタケノコが旬♪
車を走らせながら目を付けて、竹薮に探しに入りましたら、
狙いどおり、マダケタケノコがニョキニョキ出てました。

タケノコの写真もあるといいんだけど、
収穫するときって、写真撮影を忘れちゃうんだよね。
”撮る”よりも”採る”に徹しちゃいますr(^^)

それでもって、アク抜きでお鍋にいれて、火をつける前。

20070630193542.jpg

はっきし言って、青ダケr(^^)
でも、包丁が入ったんだから大丈夫でしょう。

アク抜き後です。

20070630193658.jpg

さすがに色は悪くなります。
でも、やわらかいしアクも抜けました。

マダケはもともとアクが少なくて、
アク抜きをしなくてもいいくらいなのですが、
一応、お米のとぎ汁で煮てみました。

それでもって、タケノコたっぷりのグリーンカレーのできあがり。
タケノコのほかに、
ナス、キュウリ、セロリ、エリンギ、鶏もも肉が
入りました。

20070630194116.jpg

ウーン♪ 最高(^^)v


スポンサーサイト



 ヤマアジサイ? 

森もアジサイが盛りです。
これは、ヤマアジサイだと思うのですが、
今ひとつ自信がありません。
ちゃんと実物も採ってきて調べればよかったなぁ。

20070630090928.jpg


こんな大きなスギ林の中に、群生してました。

20070630091037.jpg


 コアジサイ 

ユキノシタ科アジサイ属

20070629201610.jpg

アジサイの仲間ですが、アジサイでお馴染みの装飾花がありません。
写真のようにとても小さい4mm程度の花が咲くだけです。
地味ですが、近くでしみじみ眺めますと味わいがあります。
私は好きです。


 何のきのこ?…Tシャツ 

ふと寄ったお店。
目に入っちゃいました。

20070628060808.jpg

何だか知らないけど、呼ばれちゃうんですよね、きのこに。
キャラクターっぽいきのこが多い中、これはけっこうリアル。
すぐ飛びついちゃいました。
きのこをアップすると、

20070628061015.jpg

テングタケ科っぽいけど、ヒダが白くないし、
ハラタケ科かしら。
でも、まだ色が違うなぁ。
ヒダの色、ツバがあることを考えると
チャツムタケ属みたいな感じですけど、
たいていは材上生だしなぁ…。

むずかしい…(> <)



 Meiji ALMOND 塩クランチ 

20070627050113.jpg

アーモンドを「フルール・ド・セル(塩の花)」と
呼ばれるにがり分を含んだ塩を使ったこだわりの焼き菓子で包み、
さらに塩入のミルクチョコレートをかぶせたそうです。
確かに、ほのかにやわらかい塩味が効いて、
さっぱり新鮮な味。
そっかぁ…夏向きの味かも(^^)/


 ガリガリ君 ヨーグルト味 

20070626131455

うーっ!!
つめたぁ~♪♪

 わらび餅 

高崎、ふじのや製菓さんのわらび餅♪

20070626061609.jpg

同じわらび餅として売られていても、
かなり雰囲気が違いました。
きめの細かいこしあんをわらび餅でくるんで、
きな粉がたっぷり。
きな粉にお砂糖が入ってないので、
こしあんの上品な甘さと調和して、
とっても美味しくいただけました。



 黒毛和牛 

黒毛和牛が放牧してありました。
何でもない田舎の道下。
藪になっていて、ゴミが不法投棄されてたそうですけど、
牛が綺麗に草を食べたら、不法投棄も減ったとか。

20070625173322.jpg20070625173346.jpg

放牧されているのは妊娠している雌牛。
性格が穏やかになるので、放牧に向いているんだそうです。
また、適度に運動するのよい子が産まれるとのことです。



 アイスクリームサンド とちおとめ 

まだ、いちごものがありました(^^)/
いちご果汁7%で、とちおとめ100%だそうです。
ビスケットのしょっぱさが気になりますが、
甘さの引き立て役なのでしょうか。

20070625060658.jpg


 草餅&わらび餅 

今日のお昼は和菓子でした♪
御菓子処 つちや(前橋市荒牧町)。
以前から気になっていたのですが、
国道の交差点角にあって、とっても入りづらいんです。
それで、なかなか寄る機会がなくて…。
でも、今日は近所にご用があったので、
寄ってみました。

まずは、草餅☆

20070624163220.jpg

丸く整形してなくて、指で押したままの形。
食べるに持ちやすかったりします。
けっこうお餅がしっかりしていて、
最初の一口、頬張ったらのどに詰まりそう、
少しずつかわゅくいただきましょう(^^)/
粒あんも美味しくて、よい感じです。


そして、わらび餅☆☆

20070624163555.jpg  20070624163621.jpg

冷蔵庫で冷やしていただきました。
プリプリっとしていて、冷たい食感が夏向き。
美味しいですね(*^o^*)
夏の間は、わらび餅の食べ比べをしましょうか。



 ベランダのエロンたち 

今朝、そらたんもベランダに出しました♪
ハムスター用のかわいいかごを買ってきてものの小さめ。
活発に動き回るわけでもないので、
我慢してもらいましょう。

20070624104804.jpg

はじめてのお外、おっかなびっくりで首も引っ込め気味
やっと形をなしたベランダのコマツナを上げてみたけど、
食欲がないみたいです。


20070624104956.jpg

もこやまは食べ出したけど、もこちんはやや警戒気味。
2、3日で慣れるでしょう(^^)/


 カルガモの卵 

毎年今ごろになると話題になるカルガモの卵を見つけました。
森の中に作られた小さなため池、
そこに作られた浮島で抱卵しています。
岸から2mくらいでしょうか。
カメラの性能が悪くて、小さくしか写っていませんが、
ときどき行って観察してみたいと思います。

20070624052642.jpg

白くて、大きさは小ぶりの鶏卵ほどでしょうか。
4つあります。
無事に雛に孵るといいなぁ(*^^*)



 野菜のアイス 

こんなアイス見つけました(^^)/
野菜ジュースはよくあるけど、アイスははじめて。
コンビニのアイスのケース、
もうどれくらい入ったままになっていたのでしょうか?
一つだけぽつんといました。

F1000518.jpgF1000520.jpg


ニンジン、セロリ、赤だいこん、ほうれんそう、レタス、
たまねぎ、パセリ、7種類の野菜が入っているんだって!
ホントに野菜ジュースみたい。

アイスの色はいちごタイプと言うだけあって、ほぼいちご色。
味はいちごに微妙にセロリが混ざったような味でした。
いちご大好き、セロリも大好きな私にとって、
なかなかの一品でしたよ☆☆☆☆





 キットカット パイナップル 

20070624050150.jpg

少し前にアップしたオレンジ味とセットで
お店に並んでいました。
こちらもパイナップル香料使用。
変に果肉や果汁を入れてないところに
キットカットの潔さを感じます。
十分に美味しいです(^^)/
買いやすいし、ちょこっとおやつにいいね☆☆☆




 もこやま、ベランダにお引っ越し♪ 

だいぶ暑くなってきましたね。
最低気温も20℃を切らなくなってきたので、
もこやまを夏恒例のベランダ飼育に変えました。
9月まで太陽の光、たっぷり浴びて
丈夫な甲羅を作って欲しいです。

20070623095023.jpg

そらたんもベランダにお引っ越しさせたいのですが、
ゲージをまず手に入れなければr(^^)



 アラゲキクラゲ 

20070622205119.jpg

キクラゲ科

この時期、雨の中、荒れた桑園、キウイなど果樹園を探すと
見つけることができます。
けっこう普通に発生しているので、
傘をさして、一回りするのも楽しいかも。

かたいゼラチン質で、円盤状~耳状。
径が6cmくらいにもなります。
でも、そんなに大きいのはめったに見かけません。
きのこの上面に毛が密生しているのが特徴です。

味、歯ごたえともよく、
酢の物や炒め物によく合います。
この時期のお楽しみきのこです。



 蓮の実甘納豆 

茨城県霞ヶ浦周辺はレンコンの大産地。
蓮の実は栄養価も高く、漢方薬にも使われているそうです。
その実を甘納豆にしたものです。
土浦の久月総本舗のお菓子。

さっぱりとした甘さが美味しいし、
色合いも明るくさわやかでいいですね。

20070622203905.jpg   20070622203932.jpg


 クリの花 

今、クリの花満開です。
山の斜面にクリーム色のかたまりが見えると、
だいたいクリの木です。
ちょっと独特に匂いがしますよね。
イヤな人も多いと思います。

20070621204342.jpg

今年はいっぱい花をつけているような気がします。
豊作になるかなぁ。
昨年は山の木の実が極端な不作。
それで、里に動物がたくさん出てきたようです。
豊作の方が動物も人も安心できるよね。

20070621204453.jpg


 キットカット オレンジ 

いつもながら、キットカットはいい味だしてるね。
香料だけでオレンジなんて入ってないけど、十分です♪


20070620173910.jpg



 あまおう 

20070620152824

福岡で育種されたいちご「あまおう」が入ったアイスクリーム♪
ひさびさのいちごアイスでした☆☆☆
まあまあだけど、少し甘すぎるかも。
もっといちごを前面に出せばいいのにな^^/


 ミニミニ小玉スイカ 

小玉スイカの花です。
花のつけねに本当にかわいいスイカ、
将来の小玉スイカがついています。
さすがに同じウリ科。
キュウリと似てますよね(^^)/

20070619213639.jpg



 アジサイチョコレートコスモスセイヨウタンポポコマツナ 

今朝のベランダです♪

まずはアジサイ、梅雨?入りしたせいか咲きそろってきました。
アジサイの色合いも素敵ですね。

20070618130816.jpg20070618130845.jpg



チョコレートコスモス♪
花色と香りがチョコレートを連想させると言うことですけど、
少し無理がありそう。

20070618131355.jpg



セイヨウタンポポは順調に成長しています。
まだ葉っぱは軟らかそう。
これからどんなふうに変化していくのか楽しみです。

20070618131545.jpg



そして、コマツナ♪
今朝は間引きをしました。
間引き前、間引き後と言うことで並べてみます。

20070618131730.jpg    20070618131810.jpg

日当たりが今ひとつなので、ちょっとひょろっとしています。
しっかりとした株になるのかしら。
心配です。


 山仕事 … グラップル 

グラップルという重機ベースの機械。
高性能林業機械と言います。
シャベルカーのシャベルの部分を
グラップルという材木を鷲づかみにできるアタッチメントに
交換してあります。
ほかにウインチもついていて、
材木を引きずり寄せたり、引き上げたりできるんですよ。
近くで見てると、なかなか格好いいです(^^)/

20070618064913.jpg
3本まとめて鷲づかみ!
力持ちぃ!!

20070618065005.jpg
ウインチとアームを上手に操作して
道上まで材木を引っ張り上げてきます。


 ナスの花 

ナスコンイッポンシメジなんてきのこもあるけど、
あれはナスの実の色かな。
ナスの花の色、この紫も素敵ですね。
私の大好きな色の一つです。
こんな色のお洋服を着てみたいなぁ♪
ウーン…似合うかなぁr(^^)


20070617064617.jpg



 黒い葵 by 下仁田納豆 

小粒、黒豆の黒千石大豆を使った下仁田納豆♪
真っ黒で格好よく包装されています。
下仁田納豆は納豆丼のところでも紹介したように
経木に包まれていて、商品が三角形になってます。
そこが大きな特徴でしょう。

20070616071843.jpg

もちろん、納豆になっても真っ黒。
左上の部分、経木がわかると思います。

20070616071914.jpg

お味は大豆の旨味がしっかり生きていて、
こくがあるけど、さっぱりしているみたいな感じ。
かための仕上がりかな。
とっても美味しかったです。

経木とは「へぎ」とも言われ、
アカマツを板目に薄く削いで作った包装材です。
少し昔は、お肉もお団子も頼むと
経木に包んで手渡してくれたんだけどなぁ。




 ダイコンの花 

雨に煙る畑、薄紫の花が淋しげに咲いていました。
葉は比較的しっかりしており、
見覚えもあるような…。
花は頼り気ない佇まい。

何の花かわからず、畑の主にお伺いしました。
そうしましたら、「ダイコンの花だよ」って。
白く太いダイコンと花が結びつきませんでした。


20070615050224.jpg



 納豆丼 by 下仁田納豆 

下仁田町に下仁田納豆(http://homepage3.nifty.com/NATTOU/mein.htm
という納豆屋さんがあります。
経木納豆で、少しは名が知られているようですが、
そこのお買い得製品が


納豆丼

と言ってもドンブリものを食べさせているわけじゃないよ。
パックに入った納豆なんだけど、
タレが薄味でたっぷり、ご飯にそっくりのせると
そのタレがご飯の方まで浸みてきます。
つゆだくっていうこと。
なかなか美味しいですよ♪

20070614210815.jpg


 キュウリの花 

どうってことない、キュウリです。
撮影するためしみじみ眺めると、
けっこう綺麗♪
すでにイボイボたくさんつけた赤ちゃんキュウリが
ちゃんとあります。
これから、どのくらいで食べられるんだろう!?


20070614051809.jpg



 和のしずく 抹茶あん 

和のしずく、第二弾です!

20070613201156.jpg20070613201230.jpg

もちろん、抹茶ですから緑色。
モチモチの食感とアイスのバランスはとってもいいです。
フォークですっぱり切れないのと、
おもちが受け皿にくっついて離れないのがちょっとぉ…。

ふたの裏には、食べ方がこんなふうに書かれています。

20070613201529.jpg

が、待てない私はとってもじゃないけど、
お預け状態であんが透けてくるまで待てません。
辛抱しないと「いと旨き」が味わえないとすると、
まだ、本当の美味しさを知らないことになります。
また、食べなくちゃ!
…でも待てないだろうなぁ(> <)


 エゴノキ 

エゴノキ科

山地に普通に自生しています。
5月半ばから6月上旬にかけての花の時期は
白い花が新緑に映えて、遠くからでも一目で分かります。
清楚な佇まい、私の大好きな花の一つです。

この木には、エゴノキタケというエゴノキにしか生えない
不思議なきのこが発生するんですよ。
何がいいのかなぁ?!

20070612204635.jpg


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30