FC2ブログ
父、帰る … ロシア映画
2007/03/08(Thu)
父、帰る

監督 アンドレイ・ズビャギンツェフ
2003年  111分
2003年  ベネチア国際映画祭金獅子賞・新人監督賞

ロシアの片田舎。アンドレイとイワンの兄弟は
母と祖母と幸せに暮らしていた。 
父親は12年前に家を出て行ったきり行方不明。
そんなある日、父が突然帰ってくる。
兄弟の戸惑いをよそに、父は二人を小旅行に連れ出そうとする。
母も容認している。
道中、父は強い父親を演じるかのごとく、
ときの暴力的に兄弟にあたる。
また、仕事ができたと言って、
日程も行き先もは勝手に変更する。
それでも、兄は空白の期間を取り戻そうとするかのように
父に従う。
弟は、素直に受け入れられないままに、反抗心を募らせていく。
やがて、父の案内のもとたどり着いた湖の小島で悲劇が起き、
父は去っていく。
一週間の物語を曜日を追って語っていく構成は、
兄弟の心の動き、父の目的のわからない行動に
区切りを与える。

20070308050355.jpg

父は本当に父親なのだろうか?
まず浮かぶ疑問である。
祖母も母も受け入れていることから、そうだったに違いないと思える。
ただ、彼がどういう人間で、
この12年間の過ごし方について、
何も語らないし、表現もされていない。
なぜ、祖母も母も受け入れたのだろうか?

最初1泊2日の約束で自動車旅行に出る父子。
父は仕事と称し、どこかに頻繁に長電話をする。
そのあげく、二人を連れて仕事をするという。
そのために日程が延び、
行き先もどことも知れない無人島に変わるのである。
この先にどのような秘密が隠されているのだろうか?

まるで密航者のように嵐の中、小さなボートで島に渡る3人。
島はかつて人が住んでいた形跡があるものの、
無人島。
島の真ん中当たりに、周囲が見渡される櫓と廃屋があるだけ。
父は廃屋の中から、小箱を掘り出す。
これが仕事だったのかと少しばかり納得がいく瞬間である。
と、同時にこの小箱は何?と次の疑問が湧く。
父は小箱をボートに隠しおく。

帰る日になり、事件が起こる。
我慢のならなくなった弟は逃げ出すように櫓に上り、
飛び降りてやると言う。
そんな弟を助けるべく父が無理をして櫓に上がろうとするが、
古びた櫓ゆえ、誤って落ちてしまい死んでしまう。

兄弟は苦労して、父の遺体を運ぶが、
ボートで車を乗り捨てた浜にたどり着くと、
目を離した間に、ボートは父と小箱をのせたまま、
湖に沈んでいく。
まるで、始めから存在しなかったかのごとく。

父はいったい何だったのか?
小旅行は、思春期の兄弟が計画した
冒険旅行だったのではないだろうか。
それは、12年不在の父と
決別するべく企画された時間だったのでないだろうか。
すべては二人の想像、
あるいは空想の中の父親であったのかも知れない。
父を必要としていた少年期から、
父の不在を確認し、
独り立ちしていくための儀式であったかと思う。
そんな風に考えていかないと、
父の突然の帰宅と突然の消失は説明できないように思う。
どうだろうか?
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かめどら
2007/03/07(Wed)
どらやきは和菓子なんだろうか!?
まぁ、いいでしょう。
川越、亀屋のかめどら♪
季節特別限定


さくら

20070307222541.jpg

20070307222739.jpg

見かけはお馴染みのかめどらです。
この形、ほのぼのして大好き。
食べる前に、一度癒されます。
中身は、

20070307222845.jpg

桜葉風味の白あんに、真ん中にお餅が入っています。
なかなか春らしい一品ですね♪
この記事のURL | かめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミニ桜風味まん こしあん
2007/03/06(Tue)
20070306212031.jpg

春季限定って、限定ものに弱いね。
パッケージは春らしくていいね。
桜色をした綺麗なお饅頭。

20070306212103.jpg

桜葉から抽出した香料を使ってるって。
桜餅みたいな香りがしました。
なんがか、あんまん みたいな感じ。
この記事のURL | アイス・チョコ・etc. | CM(2) | TB(0) | ▲ top
こんにゃく玉
2007/03/05(Mon)
甘楽庵山ぐちのお菓子、とりあえずこれで〆

こんにゃく玉

20070305184146.jpg

甘楽地方は昔からのこんにゃくの産地。
こんにゃくの原料って、このお菓子のような
こんにゃく玉。
3~4年かけて、直径20cmくらいに成長させます。
それをすりつぶして、いろいろ処理すると、
よく見る四角いこんにゃくになります。
そのこんにゃく玉を模したお菓子です。
真ん中のツンとしてるのは松の実で、
こんにゃくの芽を現してます。

20070305184600.jpg

あんは白あんで、栗が入ってます。
皮にはこんにゃくの粉が入っているそうです。
甘めだけど美味しかったよ。
こういう郷土の創作お菓子って、
応援したくなります♪
この記事のURL | 和菓子 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミツマタ
2007/03/05(Mon)
20070305123747
ミツマタの花。
もしかして、近くで意識して観たのは初めてかも。
ミツマタは樹皮の繊維が和紙の材料になります。
枝が三又に分かれてることは知ってましたが、
花序も枝先に三又に分かれ、ついていました。
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウメ
2007/03/05(Mon)
20070305123044
春の遅い山里でもウメが満開です♪
梅園はウメの香りに満たされています。
目を閉じると、桃源郷に迷い込んだかのよう(*^ー^*)
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おいもさん
2007/03/05(Mon)
昨夜の桜餅に続いて、甘楽庵山ぐちの

おいもさん

20070305053326.jpg

20070305053516.jpg

とっても、さつまいもチック♪
素朴な姿形で食欲をそそります。

20070305053655.jpg

あんは芋あんで、さつまいもの味がしっかりしていました。
皮はわずかにニッキがきいています。
皮がいくらかパサパサしていて、
もうわずかしっとりしていても良い感じ。
この記事のURL | 和菓子 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日も桜餅♪
2007/03/04(Sun)
今日のお夕飯、桜餅♪
今日のは、「甘楽庵山ぐち」と言うお店のものです。
珍しく日曜日のお仕事、帰りがけに買ってきました。

20070304204947.jpg

近所のお店のものより、いくらか幅が狭い感じ、
その分、太く感じます。
皮が厚めで田舎風な作り。

そして、道明寺。
20070304205143.jpg

こちらは、モチモチ感がとっても良かったです。
餡も、上の桜餅と違ってました。
上品なお味っていうのかなぁ。

もともとは巻いてあるタイプの桜餅しかやっていなくて、
息子さんが京都に修業に行って、
道明寺を覚えてきたんだそうです。
それで、オヤジさんが以前からの桜餅を、
息子さんが道明寺を作っているとのことでした。
その辺が、個性になって現れている感じです。
この記事のURL | 和菓子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンポポ
2007/03/04(Sun)
20070304110035
春の花だね♪
タンポポを見ると、元気が湧いてます!
いつも明るく、咲いていたいね(*^ー^*)
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜餅 三種♪
2007/03/03(Sat)
これが、私としては普通の桜餅♪

20070303152101.jpg

回りはすべて桜色です。
中はこしあん。

20070303152247.jpg

丁寧なあんこの処理がわかります。
職人の仕事ですね♪

子どもの頃、あんこがあんまりだった上に、
桜の葉っぱの香りが苦手で桜餅は好きではありませんでした。
それがそれが、今年は妙に食べたい。
スーパーに行っても、コンビニで見かけても
思わず手にとってしまうこの頃です。

それでもって、

20070303152530.jpg

これは、白いタイプの桜餅。
中は、白みそあんです。
これはこれは、
もっと苦手でぜんぜん食べられなかったのですが、
とっても美味しくいただけました。
大人になったのかなぁr(^^)

ここまでで、さすがに口の中が甘々♪
でもでもで、道明寺タイプ

20070303152806.jpg

このお店のは、表面がコーティングしてありました。
モチモチしてとっても美味しかったです。
桜餅の「餅」と言うことから考えると、
これが一番餅らしいかな。
私はこのタイプを「おはぎタイプ」と勝手に呼んでいますr(^^)
この記事のURL | 和菓子 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ピノ いちご
2007/03/03(Sat)
20070303113051
つぶつぶがいちごっぽくて良いよぉ^^/
ネーミングも味もシンプルなところが好感持てます☆☆☆☆
この記事のURL | いちご | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜餅
2007/03/02(Fri)
私としては、これぞ「桜餅」♪

20070302221545.jpg

あの道明寺の桜餅、
何だかおはぎのできそこないみたいに見えてしまいます。
子どもの頃から、桜餅と言えばこれです。
しばらくあんこが好きではなく、
和菓子を食べない時期が長かったから、
いつの間にか道明寺が関東にも進出したのかしらん??

この記事のURL | 和菓子 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ショパン ほてったカカオ
2007/03/01(Thu)
20070301183350.jpg

ほてったカカオ!?って何??
食べてみると分かりました。
レッドペッパーが本当に効いています(^^)/
今まで経験のない感じのチョコレート!
でも、美味しいよ☆
この記事のURL | アイス・チョコ・etc. | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |