FC2ブログ
 2006年10月の記事一覧 

 亀族館…アンディランド  お土産編 

20061031193334.jpg
  かめグラス
  かわいいかめさんがお気に入りです。
  素材がプラスチックなのがちょっと残念。
  ガラスならいいのにね。



  

20061031193559.jpg

             これもかわいくて一目惚れです。
                       やっぱりチープ。
                  でも、毎日つけてますよ。




20061031193754.jpg
  輪ゴムかけ。
  もう本当にかわいいかめさんばかりで
  どれを連れて帰ってくるか
  悩み悩んじゃいました。




20061031194055.jpg
                       かめボールペン♪
                       普段使いのボールペンに。









20061031194233.jpg
20061031194319.jpg
     かめまんじゅう♪
     人形焼き風、
     カステラの中にこし餡がたっぷり入ってたよ。
     お土産品だし、あまり期待してなかったけど、
     美味しかった☆




20061031194543.jpg
  一番のお気に入り♪♪
  かめ枕☆☆☆
  頭をのせてもよし、抱いてもよし。
  おやすみの友です(^^)/


スポンサーサイト



 亀族館…アンディランド  亀のり七福神編 

恵比寿
20061030211125.jpg


大黒天
20061030211251.jpg


毘沙門天
20061030211342.jpg


寿老人
20061030211417.jpg


福禄寿
20061030211453.jpg


弁財天
20061030211533.jpg


布袋
20061030211610.jpg



 亀族館…アンディランド  カメ編 

伊豆は河津町にある亀族館、伊豆アンディランドに行ってきました。
もう何年も前から、私的には

聖地、メッカ

やっと念願かないました。

さっそくゾウガメのお出迎え♪

60種類以上のかめさんたちが、一挙に見られるなんて
めちゃくちゃ幸せです♪
いくつか紹介しますね。


20061029125550.jpg
  ホシガメ
   インドやパキスタンに生息する、
   甲長40cm近くになる大型のリクガメ






20061029132241.jpg  エロンガータリクガメ&ヨツユビリクガメ
   大きい方がエロンガータ♪
   私のかめさんとおんなじだよ。
   この個体は大きくて30cmはあったよ。
   もこたん、まだまだ成長するんだね!

   ヨツユビリクガメは20cmくらいまでかな。



20061029132708.jpg  スッポンモドキ
   70cmにもなる大型の水生種。
   鼻の形から、ピッグノーズなんて呼ばれています。







20061029133758.jpg  ヒョウモンリクガメ
   アフリカの東部、南部に生息します。
   甲長は50cmにもなるそう。
   大きいねぇ♪






20061029134212.jpg  ホウシャガメ
   マダガスカルだけに棲む、40cmにもなるリクガメ。
   美しい放射状の模様が特徴。







20061029134502.jpg  ナイルスッポン
   90cm以上にもなるんだって。
   真ん丸甲羅がかわいいけど…♪









20061029135033.jpg  アルダブラゾウガメ
  甲羅は1m以上、体重は300kg以上にもなるんだって。
  子どもなら、本当に背中に乗れるよね。
  悠久の時間を生きているようで、
  いつかじっくり語り合いたいです♪




20061029135432.jpg   ゾウガメエリア
   アルダブラゾウガメとガラパゴスゾウガメが
   何頭も放し飼いになっています。
   いつまで眺めていても、
   飽きないのは私だけ?
   ゆったりとかめの時間を
   生きたいんですけど…



 アンディランド…亀族館 

20061028151106
行って来ました☆
遠かったぁ(>_<)
でも、行った甲斐がありました。
たくさんのかめさんに感激です。
グッズもたくさん買えたし、大満足♪
でもねぇ、帰りはさらに遠い気分…

 クリタケ 

20061027172014.jpg  モエギタケ科
  
   秋、少し遅めに
   広葉樹の切り株や倒木から発生します。
   いかにも食用きのこって感じで
   人気が高いですね。
   味はそれほどでもないかも…r(^^)
   


 小さい秋♪ 

20061027113341
里山の紅葉はまだまだだけど
そこかしこに秋の気配
石垣にからまるツル性の木本
名前はわからないけど
秋の盛り♪

 ミイノモミウラモドキ 

20061026205758.jpg  イッポンシメジ科

   傘径2.5~7cmの小型のきのこ。
   柄がねじれているのがのが特徴。
   イッポンシメジ科のきのこは
   成熟するとひだが淡紅色になるのが特徴です。

   私はイッポンシメジ科のきのこが好き♪


 しいたけ 秋子 

20061025110839
秋子って女性の名前じゃないよ。
秋に自然発生したしいたけのことを言います。
雨を受けて、出始まったみたい♪

 ハイイロシメジ 

20061025044720.jpg  キシメジ科

   遅めの秋、落ち葉の厚くたまった地面から。
   大きな白っぽいきのこがよく目立ちます。
   図鑑によると、
   「人によって中毒を起こすこともある」
   って。
   少し危ないかもね。 
   私は大丈夫でしたよ♪


 梨わいん 

20061024192025.jpg  二十世紀梨を原材料に
  梨から採取した酵母を使い
  ワインにしたとのこと。
  やや甘口ながら、
  スッキリした味わいです。
  もちろん、鳥取産♪

  

 かたつむり 

20061024110824.jpg


 うちにはかたつむりもいます。
 その名を「でんでん」と「ちびた」
 こいつは、でんでん。
 山のきのこについてきたおまけで、
 住んでいたお山に返しに行くわけにもいかず
 飼いはじめちゃいました。
 まぁ、場所もとらず、静かな奴らですから…


 6月3日に始めたこのブログ、
 しつこく毎日更新してましたが、
 ついに穴が開きました。
 旅行先でボォーッとしてるうちに
 忘れてしまいました。
 まっ、いいでしょう。
 これからは、ゆっくりと気ままに続けていこうと思います。
 そうじゃないと続かないしね。

 



 鳥取砂丘 

20061023122822
砂がすごく細かくて
登るのがたいへんだった。
でも、砂丘の上から見渡した水平線は
穏やかでした。

 アカモミタケ 

20061019215611.jpg  ベニタケ科

   モミの木の下、地面から生えます。
   落ち葉や土を押しのけて出てくるから、
   ゴミがついてるけど、
   洗えばすぐ落ちます。
   私は好きなきのこの一つです。


 打吹山遠景 

20061021090119
まじ疲れたぁ…

 打吹山 

20061021084852
倉吉市の中心にそびえる打吹山♪
朝飯前にと登ってみたけど
大汗かいちゃった(^^;
画像は静かな山頂☆

 けっこう遠くまで 

20061021074911
来たよ♪
夕べ、10時前に出発しました。
一晩中、運転してたかも…
あっ、私じゃないよ(^^;

 そらたん 

20061020193346
お腹がいっぱいかなぁ♪
お風呂につかって、
寛いでます☆

 いろづく 

20061020055208.jpg

  毎年、秋が遅くなりますね。
  今夜から旅に出ます。
  美しい秋に出会えるでしょうか?
  楽しいことがあるでしょうか?



 スギヒラタケ 

20061019211917.jpg  キシメジ科

   スギの苔むしたような古い切り株から生えます。
   苔と関係して生活してるようにも思えます。
   日本海側とか多雪地帯に多いかなぁ。
   少し暗めのスギ林に白いきのこが映えますよ。
   3年前まで安全な食用きのこと思われましたけど
   一昨年、透析患者に死者が出て、
                            毒きのこになってしまった(> <)


 T・KUNITOMOのコート 

ヤフーオークションでT・KUNITOMOのコートを手に入れました。

20061019210940.jpg

ジップアップで、襟が変わっていて、シンプルで膝上くらいの丈かな。
少しだけAライン♪
とってもかわゅいですぅ☆


20061019210403.jpg

襟元のアップ!
分かりづらいと思うけど、変わったデザインでしょ!
裏は首のあたりが薔薇の模様、身ごろは濃い紫♪
紫も大好きな色です。

この冬、とっても活躍しそうです♪



 Winter Fair 06 

061019TK.jpg
  先日お邪魔したT・KUNITOMOから
  ウインター・フェアのお知らせが届きました。
  この雰囲気、とっても好きです。
  行ってみようかなぁ…
  悩んじゃいます^-^)ゞ



 コガネヤマドリ 

20061018062012.jpg         イグチ科

          傘径10cm、柄の長さ11cmになる
          大きめのきのこ。
          この画像は幼菌。
          丸っこくて、かわゅいぞ!


 そらたん 

20061017174933.jpg  カメラに向かってくる そらたん♪
  元気いっぱい、毎日葉っぱを食べては
  寝てるよ(^^)/
  エサ皿にすっぽり納まって
  寝るのが得意♪
  そらたんがエサになっちゃいそう(> <)
  そして、後ろ姿。
  お尻も尻尾もかわゅいのだぁ☆
20061017175203.jpg  最近のエサは、
  小松菜、チンゲンサイ、モロヘイヤ、
  野草では、クズ、アカソ、クワなどなど。
  もこやまが好きな果物系は食べないねぇ。
  甘い物の味を覚えない方がいいけど、
  ご馳走だよって、あげても食べてもらえないと
  張り合いが悪いね。


 ウラグロニガイグチ 

20061017050547.jpg  イグチ科

   イグチの仲間は傘の裏がひだではなく
   管孔って呼ばれる
   小さい孔になっているのが特徴。
   ウラグロニガイグチは、ニガイグチ属のきのこで
   この仲間、苦いのが多いけど、
   このきのこは、美味しいのです。
   
   

 タマチョレイタケ 

20061016061429.jpg  タコウキン科

   普通は地上生だけど、
   これは枯木から発生しています。
   柄の下、材の中に
   球根状のかたい菌の固まり、「菌核」を
   作ります。



 ミョウガとエノキタケのお漬け物 

20061015183054.jpg

  もうおしまいのミョウガと
  いつでもあるエノキタケを漬けてみました。
  
  材料は適当ですけど、
  ミョウガ 5つ
  エノキタケ 1株
  キュウリ 1本
  ナス 1つ
  鷹の爪 適当
  塩は少な目お好み
  お醤油と言いたいところだけど、
  ナンプラーが私的

  適当に刻んで、一夜漬けです。
  ミョウガの香りとエノキタケの香りが
  けっこう合います。
  
  あっ、エノキタケは生のままがいいみたい。
  それと、ナンプラーは旨味が豊富で
  お醤油より美味しいと思います。
 
  実は私、お醤油が苦手r(^^)
  煮物とかは平気なんですけど、
  かけて食べるって、できないんです。


 たまご 

20061015182223.jpg    ここ数日ホリホリしていたもこたん
    今朝、卵が産んでありました。
    さっそく、お手製の孵卵器へ。
    さて、そらたんの弟分は生まれるかなぁ。
    卵生んだばかりなのに、
    もうホリホリをはじめてます。
    続いて産みそう♪



 クリスピーナ 

20061015152517
シュガーコーンアイス
一口かじったとき
口の中に広がるメープルシロップの味が
いいね☆☆☆☆

 ハタケシメジ 

20061014183510.jpg  キシメジ科
   
   「匂いまつたけ、味しめじ」の「しめじ」は
   ホンシメジだけど、それにものすごく近い種類。
   とっても美味しいですよ。
   風味が良く、どんな料理にも合います。
   それが逆に物足りないところでもあるかな。

   


 美しいスギ林 

20061014051539.jpg  手入れをしたばかりのスギ林
  70年生くらいです。
  麓の部落から30分くらい急な山道を
  登ったところにありました。
  昔の人は、ここまで苗木を運んで
  植えた訳です。
  感謝しなくちゃいけませんね。


20061014051914.jpg  この画像は、地上の様子。
  まだ、伐ったままになってますが、
  これから、索道を張って
  山から下ろすそうです。搬出と言います。
  搬出する経費がかかりそうで、
  もしかすると木材を売っても
  赤字になっちゃうかも!?
  と心配してました。
  森の管理、山の経営は経済的にも体力的にも
  とても厳しそうです。

  


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -