category:   1/91

掃部ヶ岳、1998年秋

この秋、榛名山の最高峰掃部ヶ岳に、当時教えていた学生と登ったようです。そんなこともあったのですね、覚えてないけど。で記録を見ると、湖畔から硯岩経由で掃部ヶ岳、杖の神峠に下り、李が嶽をめざしたようですが、時間切れで手前で撤退したようです。18.02.10 掃部ヶ岳(奥)98.10.3009:40榛名湖畔 → 10:10硯岩10:20 → 10:55掃部ヶ岳(1449m)11:50→ 13:10杖の神峠 → 標高1317mピークをピストンして →14:45榛名湖畔...

  •  0
  •  0

天王山、唐沢山周回 …その2

震えながらランチを終え、唐沢山に向かいます。少しずつ唐沢山が近づいてきます。30分ほどで唐沢山到着。三角点アップ。山名板はこの方が味わいがあります。あずま屋もあり、整備されています。唐沢山辺りから天王山。左寄りの盛り上がりが天王山です。下山はなるべくピストンしないように、唐沢山の左の尾根を下ります。鉄塔をくぐり、分岐を北金井キャンプ場方面に進みます。北金井キャンプ場を過ぎ、集落の中を進み、さらに菅...

  •  0
  •  0

天王山、唐沢山周回 …その1

連休3日目は、太田市の天王山と唐沢山を回ってきました。登山口は菅塩沼、菅塩沼の畔です。菅塩峠に向かい、歩道を歩き出しました。整備された歩道が続きます。でも、このまま菅塩峠まで登ると、天王山には少し遠くなるので、地形図に載っている途中から北上する破線を狙ってみます。菅塩沼から500mほど、北西から沢が合流する地点にあずま屋があり、その沢沿いに作業道が入っていました。それを登り出します。さらに、途中か...

  •  0
  •  0

城山~橘山~十二山 …その3

十二山からの榛名山。榛名山のほぼ全容です。こちらは、荒船山(左)と妙義山。狛犬くんです。十二山は南面から登りましたが、下山は北面の道を辿りました。赤城山よく見えます。こちらは核心部のアップ。そして、小野子山(左)と子持山。十二山北西麓より、十二山を振り返ります。あとはひたすら舗装路を歩き、登山口に戻りました。18.02.1110:24ばんどうの湯駐車場 → 10:28城山(208m) → 10:50橘山(228.1m)→ 11:26十...

  •  0
  •  0

城山~橘山~十二山 …その2

橘山から十二山まではしばらく里歩きが続きます。それなりに谷あり丘ありで、遠くに見えるこんもりした森が十二山です。10分ほど近づいた十二山。この辺りからは赤城山が遮るものもなく美しく見えました。左の三角が鈴ヶ岳、中央奥白くなっているのが地蔵岳、その右が荒山、鍋割山。振り返って、榛名山。かわいらしい古墳がありました。石室も残っています。ようやく十二山の麓。階段をひたすら登ります。山頂の赤城神社。よく見...

  •  2
  •  0

城山~橘山~十二山 …その1

赤城山の南西麓、長い裾の終わる辺りには多くの小山が残っています。ひとつひとつは登っていますが、まとめて歩いてみたくなり、今回は、渋川市北橘の城山から橘山を越え、前橋市の十二山まで歩いてみました。北橘温泉ばんどうの湯の駐車場のすみに車をおき、まずは城山に登ります。ほんの5分ほど。ここは戦国時代の城跡だったんですね。城山というくらいですから。いまは山頂に宿泊施設があります。城山から榛名山。右から、水沢...

  •  0
  •  0

相馬山 …その2

さて、下山です。下りながら、展望を楽しみますまずは浅間山。少し枝がうるさいですね。コンデジで撮ると、枝にピントが合ってしまい、今ひとつ。こちらは榛名山の最高峰、掃部ヶ岳(奥)。手前は榛名富士です。アップ。榛名湖北岸の山、烏帽子ヶ岳(右)と鬢櫛山です。奥の雪山は、草津白根山の辺り。こちらは谷川岳方面。再び浅間山。はい、無事下山です。18.02.1009:21ヤセオネ峠 → 09:39尾根分岐 → 10:05相馬山(1411m)1...

  •  0
  •  0