私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

英彦山、1995年夏

もちろん九州の英彦山。
なぜ九州まで行き、英彦山に登ったのかな。
経緯は覚えていません。
ただこのとき、英彦山しか登っていないので、
何か別の用があって、
そのついでに英彦山に登ってきたのだと思います。

前夜、山麓の国民宿舎に泊まり、
朝から登ったようです。
まず中岳に登り、北岳をピストンし、
南岳を越え、鬼杉を見て、
下宮に下山したように記録されています。

そんなだったかなぁ。


95.08.11
07:55国民宿舎 → 08:15英彦山神宮(下宮) → 
09:25英彦山(中岳)(1188.2m)09:35 → 09:55北岳(1192m) →
10:15中岳 → 10:55鬼杉分岐 → 11:45下宮 → 11:55バス停

行動時間:4時間00分
歩行時間:3時間50分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大岳、1995年夏

この年、家族での東北旅行は
奥入瀬渓流から八甲田にまわり、
天気の悪い中、大岳に登りました。

記録によると、ロープウェーを使い登り、
酸ヶ湯温泉に下山していますから、
おそらく酸ヶ湯温泉に車をおき、
バスでロープウェーに移動したのでしょう。

ロープウェーの山頂公園駅ですでに霧、風と記録されています。
赤倉岳、井戸岳とぬけて、大岳避難小屋でひと休み。
当時、新しく立派なログハウス風だったようです。
さらに、霧、風強しと記録されています。

休憩の後、霧と風の中、大岳に登り、
再び避難小屋に戻り、
毛無岱を通り、酸ヶ湯温泉に戻りました。

毛無岱まで下ると、霧が晴れ、
気持ちよく木道を歩いた記憶があります。


95.08.02
09:35八甲田ロープウェー山頂公園駅 → 11:30大岳避難小屋12:00 →
12:17大岳(1584.5m) → 12:40大岳避難小屋13:05 → 15:20酸ヶ湯温泉

行動時間:5時間45分
歩行時間:4時間50分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

榛名富士

この日は曇りベースの天気だったのですが、
なぜか榛名山にだけ雨雲がかかっていました。
予報だと、そんなにいかず雲が取れるとのこと。
思い切って榛名湖まで行ってみました。
が、雨。
やんだり、激しく降ったり、安定しません。
それでも、30分ほど待つと雲が切れ、青空がのぞきました。
その上、榛名富士は頂上まですっきり見えます。

よし!
と言うことで支度をし、歩き出しました。

すると、瞬く間に厚い雲でおおわれ、雨が降り出します。
でも、足はもう止まりません。
濡れるに任せ、きっとそのうちやむだろうと歩きます。

が、水たまりができるほど降り続いています。

170807榛名富士 (1)s


ガスも出て、いい雰囲気になってきました。

170807榛名富士 (2)s


その分、涼しく、快調に登れます。
ほどなく頂上です。

170807榛名富士 (3a)s


一等三角点。

170807榛名富士 (3b)s


ガスですねぇ。

170807榛名富士 (6)s


お天気がよければ、こんなにいろいろ見えるはずなのに…。

170807榛名富士 (7)s


帰りももちろんガスと雨の中。

170807榛名富士 (8)s


ヒキガエルも元気です。

アズマヒキガエル170807榛名富士 (7)s


下山後、榛名富士を振り返ります。


170807榛名富士 (11)s

17.08.07
07:49ビジターセンター駐車場 → 08:29榛名富士(1390.5m)08:40 → 
09:14ビジターセンター駐車場

行動時間:1時間25分
歩行時間:1時間14分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

荒海山 …その2

あちらに見えるのは三角点峰。

170805荒海山 (12)s

行きたかったけど、
背丈を超えるチシマザサの藪漕ぎにめげ、
10mほど進んで断念しました。
今いるピークの峰が高いからいいことにします。

頂上からの眺めです。
まずは高原山。

170805荒海山 (14)s

こうしてみると、けっこう存在感があります。
いつかあの稜線を歩いてみたいような。

こちらは男鹿岳方面。

170805荒海山 (15)s

なかなか手強そうな山です。

日光連山と日光白根山です。

170805荒海山 (16)s

あいだに存在感を示すお山たちはわかりません。
でも、登りたいな。

こちら、南会津の山々。

170805荒海山 (17)s

全然見当がつきませんが、
いっぱいいっぱいピークがあります。

頂上を辞して、来た道を戻ります。

尾根から外れて、戸坪沢に下る分岐にはテープがいっぱい。

170805荒海山 (19)s

枯れ枝でふさがれている方向が八総鉱山跡への道です。

よく見ると戸坪沢への標もあります。

170805荒海山 (18)s


長い下りをへなへなになりながら下り、無事下山です。

170805荒海山 (20)s


昨夜お世話になった道の駅番屋に戻り、
天ぷら盛りそばをいただきました。

170805荒海山 (21)s

野菜天いっぱいとお豆腐とワラビと
左が白い小皿にちょこっとのっているのは
どうも行者ニンニクの佃煮のようです。

途中、道の駅たじまで
トマトとアスパラのミックスソフトをいただきました。


170805荒海山 (21)b

17.08.05
05:06戸坪沢のチェーン脱着場 → 05:55 1115m付近朝食06:10 → 
06:33尾根(戸坪沢分岐登山道合流) → 08:36荒海山(1581m)09:04 → 
10:38戸坪沢分岐10:50 → 11:47戸坪沢のチェーン脱着場

行動時間:6時間41分
歩行時間:5時間46分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

荒海山 …その1

荒海山はここ数年、課題となっているお山です。
ようやく雰囲気とその気が一致して、
暑いだろうことが予想されるのが難ですが、
登る機会を得ました。

片道4、5時間運転しなくてはならないので、
前日夕方、出発し、
その日のうちに登山口近くの道の駅番屋に泊まるプランとしました。

地図にある登山道は八総鉱山跡からのルートですが、
このルートは崩れてしまい使えません。

そこで最近紹介されている戸坪沢からのルートを辿ることにしました。

登山口は国道352号中山トンネルを越えたところのチェーン脱着場。
「前沢曲家集落 13km」が目印です。

170805荒海山 (1)s

この看板の下の林道を入ります。

林道はすぐに消えますが、歩道は続き、
戸坪沢の枝沢を2本越えたところから尾根にとりつきます。

この道(もはやはっきりしすぎて踏み跡ではないかも)は
尾根を忠実に辿りひたすら登るので効率的です。
途中、うるさいほどテープがついていますから、
不安はありません。

170805荒海山 (2)s

1時間以上かかり尾根に登り上げ、
八総鉱山跡からの道に合流します。
すると、やがて「荒海山登山コース」の標がありました。

170805荒海山 (4)s

心強い。

めざす荒海山も見えてきました。

170805荒海山 (5)s

今度は「荒海山登山コース」+「荒海山頂」のダブル標です。

170805荒海山 (7)s


何年か前に登った七ヶ岳が見えました。

170805荒海山 (8)s

標高1400~1500mの最後の急登は、
滑りやすい土の道、ロープがぶら下がっていました。

頂上へ続く稜線に登り上げると、
すぐに避難小屋南陵小屋がありました。

170805荒海山 (9)s

雨風はしのげるかな。

すぐに頂上です。


170805荒海山 (13)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒又山、1995年夏

今、古い山の手帳をめくり、
黒又山の簡単な記録を見ても、
実のところ何も思い出されません。

家族での東北旅行の際、大湯環状列石を見て、
そのついでに近くの小ピークに上がったという感じです。

どんなところだったのかな。
あるかどうかわかりませんが、
近くを通る機会があれば、再び登っておきたいお山です。


95.07.30
黒又山(280.7m)、往復20分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

錫ヶ岳、1995年夏

この年の夏、と言ってもまだ梅雨が明ける前ですが、
友人と錫ヶ岳をめざしたようです。
どうして錫ヶ岳に行こうと思ったのか覚えていませんが、
「錫ノ水場」という名前になんとなく惹かれたのかな。

日光白根山への菅沼からの登山口から入り、
五色沼を越え、前白根山下の避難小屋に入りました。

雨が降り出しましたが、時間はまだ早いので、
翌日のコースの下見も兼ね、前白根山頂まで登ってきて、
この日の行動は終了。

翌日は雨。
早朝、避難小屋を出発し、
前白根山、白根隠山、白桧岳、錫の水場と尾根を歩き、
錫ヶ岳に到着しました。

錫ノ水場は、錫ヶ岳北側の鞍部から群馬側に
少し下ったところだったかと思います。
水量は多くなかったと思います。

そして、この尾根は当時も鹿道が縦横無尽に走り、
消えそうな踏み跡の人の道よりも、
尾根を外さないように鹿道を辿った覚えがあります。

帰りは、白桧岳から日光白根山の南東に広がる窪地に下り、
避難小屋をめざしました。
この窪地のこと、手帳には「瞑想の谷」と書かれています。
また機会を作って行ってみたい地です。

避難小屋で休憩と荷物整理をして、
菅沼へ下山しました。



110716日光白根ほか (22)50
11.07.16 前白根山から日光白根山を望む

95.07.04
08:20菅沼登山口 → 10:45五色沼 → 11:10避難小屋12:00 → 
12:43前白根山(2373m) → 13:35避難小屋

行動時間:5時間15分
歩行時間:4時間25分

95.07.05
05:55避難小屋 → 06:40白根隠山(2410m) → 08:00錫ノ水場 → 
08:50錫ヶ岳(2388.2m)09:20 → 10:50白桧岳(2394m) →
11:45避難小屋12:40 → 14:20菅沼登山口

行動時間:8時間25分
歩行時間:7時間00分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ | NEXT