FC2ブログ

私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

2021/04/12(Mon)

鷹ノ巣山 …その2

まだ新緑が芽吹く前だからこその展望ですね。

まずは、山名板と相馬山。


210411鷹ノ巣山 (12)相馬山s


榛名富士と磨墨岩(右手前)。


210411鷹ノ巣山 (13)榛名富士s


黒岩。


210411鷹ノ巣山 (15)黒岩s


のんびり山行ならではの、
コーヒーを淹れて、スコーンでまったり。


210411鷹ノ巣山 (16)s


絵を描いたり、ぼおっとしたりで、1時間ほど過ごしました。

さて下山です。


210411鷹ノ巣山 (19)s


作業道から黒岩を見上げます。


210411鷹ノ巣山 (20)黒岩s


作業道の崩落地点を巻くために
ここを登ります。


210411鷹ノ巣山 (21)s


なんだか蟻地獄の壁のよう。
素早く次の足を前に出さないと
ずり落ちてしまいそうです。

崩落地点の上から鷹ノ巣山。


210411鷹ノ巣山 (23)鷹ノ巣山s


黄色い花はダンコウバイ。

反対側から崩落地点をのぞきます。


210411鷹ノ巣山 (27)s


危ないけど通れると言うレベルではなく、
素直に擁壁の上を歩いた方がいいです。

キブシと黒岩。


210411鷹ノ巣山 (34)黒岩s


登山口に戻りました。


210411鷹ノ巣山 (36)黒岩s


そして、無事下山。



210411鷹ノ巣山 (37)s


21.04.11
08:43県道28号入口 → 09:00作業道を離れ、薮への取り付き地点
→ 0918鷹ノ巣山北側鞍部 → 09:29鷹ノ巣山(956m)10:29 → 
10:43取り付き地点 → 11:07県道28号入口
    
行動時間:2時間24分
歩行時間:1時間24分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2021/04/11(Sun)

鷹ノ巣山 …その1

以前から登りたかった榛名山南面にある鷹ノ巣山に
登ってきました。

登山道はありませんが、
藪は大したことなさそうだし、
まだ草が茂る前の今ごろなら楽勝かな。

県道28号、高崎東吾妻線のここから歩きます。


210411鷹ノ巣山 (1)s


この入口の脇に車一台分停められるのは
すでに確認済み。
先客もおらず、予定どおりです。

鷹ノ巣山、あれかな。


210411鷹ノ巣山 (2)鷹ノ巣山s


お目当てのキブシも満開です。


210411鷹ノ巣山 (3)キブシs


どうやら鷹ノ巣山で間違いなさそう。


210411鷹ノ巣山 (3)鷹ノ巣山s


ここでもキブシが咲いていました。


210411鷹ノ巣山 (4)キブシs


しばらく作業道を行くのですが、
最近の記録にあったとおり、すっかり崩落していました。


210411鷹ノ巣山 (6)s


ここは少し手前から擁壁の上に登り、
擁壁に沿って巻いていきます。

その先には洗い越し。


210411鷹ノ巣山 (8)s


さて、鷹ノ巣山の真西あたり。


210411鷹ノ巣山 (9)s


ここから登っていきます。

この先には擁壁があり、手前にもあるので、
擁壁の切れ目の登りやすいところに取り付く感じです。

スギ林の中を適当に登ります。


210411鷹ノ巣山 (10)s


ところどころにテープがつけられています。

小沢に沿って、
鷹ノ巣山の北側の鞍部に登り上げ、
そこから直登です。
少し急ですが、
腕も使い、登っていくと鷹ノ巣山山頂です。



210411鷹ノ巣山 (11)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2021/04/09(Fri)

越後駒ヶ岳、2006年盛夏

越後駒ヶ岳、2006年当時もこのブログにアップしていました。
もう15年もこのブログ、続いているんですね。

感慨深い。



060805越後駒ヶ岳
06.08.05 越後駒ヶ岳

当時は詳しい記録をアップしていませんでしたし、
また、当時を思いだしての書きたいこともあるのではと、
もうしばらくこのシリーズを続けます。

そう、15年前のさらに昔々、
越後駒ヶ岳に登っていて、
そのときは越後駒ヶ岳から巻機山まで縦走するつもりでしたが、
中ノ岳の直下で激しい雷雨に遭い、
避難小屋に泊まり、八海山に下りていました。

そのときと比べての15年前、
体力の衰えを思い知った山行でした。

山は少しも変わらないのに、
なんと人の儚いことよ

と。
今は、登ってみようとも思いません。
もっと自分を厳しく律しないと、
ますます山が遠のくばかりです。

そうそう、このときは山の会のメンバー5人で登りました。


06.08.05
08:40枝折峠 → 10:00道行山(1298m) → 10:40小倉山先 →
11:20百草ノ池11:45 → 12:40駒の小屋 → 13:10越後駒ヶ岳(2002.7m)13:50
→  15:10小倉山(1377.8m) → 17:10枝折峠
    
行動時間:8時間30分
歩行時間:7時間35分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2021/04/04(Sun)

身延山、2006年夏

2006年7月3日に身延山、1153mと
記録がありますが、
どうして身延まで行ったのか
ぜんぜん前後関係を覚えていません。
ロープウエイに乗って、
久遠寺の奥の院にお参りして、
頂上まで行ったと言うことだけを覚えています。

どこかに山行に行って、
悪天で中止になり、身延山だけ行ったのか、
それとも職場の旅行で行ったのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2021/04/01(Thu)

角間山、2006年夏

記録によると前年の11月以来の山行。
半年以上も開いているけど、
この間、何かあったのかな。
ちょっと気になるけど、
記録をひっくり返すのは面倒なのでやめておきます。



030905湯ノ丸から角間、鍋蓋
03.09.05 湯ノ丸山から角間山(中央奥)

06.07.02
09:25鹿沢温泉 → 10:20角間峠10:30 → 11:05角間山(1981.2m) → 
11:30角間峠12:30 → 1300鹿沢温泉
    
行動時間:3時間35分
歩行時間:2時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2021/03/29(Mon)

崇台山 …その2

山頂のソメイヨシノは満開ですが、
曇り空の下、映えません。
素晴らしい展望もこの日はなく、
すぐに下山にかかりました。
下山は北北西に続く尾根を歩き、
富岡市と安中市を結ぶ、小さな峠に出るつもり。

下りだしてすぐ、すみれが多く咲いていました。

タチツボスミレでしょうか。


210328崇台山 (38)タチツボスミレs


緩やかな尾根を、荒れた竹林の中の道を下ります。
やがて、太陽光パネルが敷設してある場所に出て、
パネルの間の道をさらに進むと、車道に出ました。


210328崇台山 (43)s


歩いてきた道を振り返ります。
こうしてみると、がっかりさせられる道ですね。

ここからは山際の畑に沿って歩き、
車をおいた登山口に向かいます。

ホトケノザ。


210328崇台山 (45)ホトケノザs


ナズナ。


210328崇台山 (49)ナズナs


あちこちで野の花に呼び止められながらも
無事に下山です。



210328崇台山 (83)s


21.03.28
09:07安中市上間仁田町登山口 → 09:24崇台山(299.1m) → 
09:42車道 → 10:00安中市上間仁田町登山口
    
行動時間:0時間53分
歩行時間:0時間53分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2021/03/28(Sun)

崇台山 …その1

午後から雨の予報、
それに年度替わりの忙しさによるお疲れ、
どうしようか悩みましたが、
ごく軽く歩いてきました。

崇台山、安中側から歩きます。


210328崇台山 (2)s


ひと登りしてから登山口を見下ろします。


210328崇台山 (11)s


よく整備された歩きやすい道です。


210328崇台山 (12)s


早くもモミジイチゴが咲きはじめていました。


210328崇台山 (21)モミジイチゴs


満開のサクラが見えてきました。


210328崇台山 (28)s


山頂に植えられたソメイヨシノです。

崇台山山頂到着。


210328崇台山 (29)s


お天気がよければ、展望のよいところですが、
今日は見えません。

桜も曇り空の下、冴えませんね。


210328崇台山 (30)ソメイヨシノs


…つづく

次のページ>>

プロフィール

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード