FC2ブログ
和名倉山、2003年春
2019/10/22(Tue)
この頃入っていた山の会で
私がリーダーで笠取山に行く計画があり、
下見を兼ねての山行でした。
笠取山だけではつまらないからと、
和名倉山まで足を伸ばすことにしました。

とここまで書いて、当時の写真をチェックしたら、
あれ!?
以前、と言っても山行当時ではありませんが、
一度記録をアップしていることに気がつきました。

それは「 こちら→ 」

2013年にアップしたんですね。
とぼけてコピペでもと思いましたが、
書き直してみましょう。

和名倉山は憧れの山でしたが、
はっきりしたルートもなく、
秩父最奥の山という感じでした。

このとき取った山ノ神土からのルートも
踏み跡か、せいぜい破線ルートだった思います。
いまや実線のルートに変わり、
隔世の感があります。

中島川橋から黒えんじゅ分岐を経て、
笠取山に登り、黒槐山、唐松尾山と縦走し、
山ノ神土から東仙波を越え、和名倉山をピストン、
中島川橋に戻ったわけですが、
日帰りできるはずもなく、
和名倉山に続く尾根で泊まりました。

苦労したわりに和名倉山の頂上が
なんだかなの印象でした。



和名倉山2
03.04.28 東仙波辺りから和名倉山

遠望すれば、どっしりした大きな山です。

03.04.27
05:10一ノ瀬高原中島川橋 → 05:30馬止05:45 → 07:50笠取山(1953m)08:00
→大休憩→ 10:20唐松尾山(2109.2m) → 11:10山ノ神土11:35 →
東仙波(2003.1m) → 13:45東仙波北のコル 

行動時間:8時間35分
歩行時間:7時間15分(推定)

03.04.28
04:15東仙波北のコル → 05:15二瀬分岐 05:30和名倉山(2036.0m)05:45
→  07:00東仙波北のコル07:50 → 08:40リンノ峰南のコル08:50 →
09:25山ノ神土 → 10:40三ノ瀬10:50 → 11:10一ノ瀬高原中島川橋

行動時間:6時間55分
歩行時間:5時間30分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天狗山、2003年春
2019/10/20(Sun)
この日、さらに甘楽町の天狗山に登りました。
甘楽町宝積寺側から荒れた林道を
上れるだけ車で上り、
桜の植えてある広場(おそらく標高500m付近)に
行き当たり、
そこから歩きました。

白倉神社まで行き、
それから、667mの三角点を踏み、
尾根を少し上ってみたりして下りました。



Dsc00008_201910201336220d6.jpg
03.03.29 白倉神社の天狗

03.03.29
12:25桜の広場 → 12:45白倉神社12:52 → 
12:57標高667.0m → 
13:15郡界尾根に向かい、標高750m付近 → 13:48桜の広場

行動時間:1時間23分
歩行時間:1時間16分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
崇台山、2003年春
2019/10/18(Fri)
この日、さらに安中市、富岡市境の崇台山に登ったようです。
余り情報がなく、道もわからなかったので、
崇台山の北側、
安中市上間仁田から富岡市藤木に抜ける農道の峠付近から
強引に藪を漕ぐようにして
頂上をめざしました。

そう言えば、頂上に着いたら開けていて、
歩道もついていたことを思い出しました。



180113崇台山 (9)s
18.01.13 崇台山から浅間山

03.03.29
10:50農道峠 → 11:02崇台山(299.1m)11:10 → 11:23農道峠

行動時間:0時間33分
歩行時間:0時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鬢櫛山から榛名富士
2019/10/15(Tue)
榛名湖畔北西部、
県道28号と湖畔の道路が分岐するY字路を
200mほど湖畔に沿って進んだ駐車場に車をおきました。

Y字路まで戻り、28号を10分ほど東吾妻方面に歩き、
峠っぽいところ、ガードレールと法面の間から
登山道に入りました。

この道、以前は山と高原地図には載っておらず、
踏み跡程度でしたが、
掲載されてからは歩く人が増えたようで、
だいぶしっかりしてきました。

30分ほど登ると鬢櫛山頂上です。


191014鬢櫛山~榛名富士 (1)s


変わらず静かで地味な山頂です。


191014鬢櫛山~榛名富士 (2)s


ザックを下ろし、水分補給をした後、
反対側へ下りました。

鬢櫛山と烏帽子ヶ岳の鞍部、烏帽子ヶ岳側から湖畔に下ります。

榛名湖温泉に下り、道の向こう榛名富士へ登り返します。

快調に、でも少し倦んできたところで、
頂上の社が輝いています。


191014鬢櫛山~榛名富士 (3)s


お宮も立派ですが、三角点も立派です。


191014鬢櫛山~榛名富士 (9)s 


近く相馬山が見えます。


191014鬢櫛山~榛名富士 (5)s


ときには本物の富士山も見えますが、
この天気ではね。

関東平野が霞みつつかろうじて広がっています。


191014鬢櫛山~榛名富士 (10)s


おむすびと味噌汁とお茶のお昼。


191014鬢櫛山~榛名富士 (11)s


にぎやかなビジターセンター側に下山し、
榛名湖畔から榛名山の最高峰掃部ヶ岳。


191014鬢櫛山~榛名富士 (13)s


湖畔の歩道を歩き、車に戻ります。
半周ほどしなければ。

途中から、本日登った鬢櫛山。


191014鬢櫛山~榛名富士 (14)s


もうすぐ車から榛名富士と榛名湖。


191014鬢櫛山~榛名富士 (15)s


ぽつりぽつり雨が…。

でも無事下山。



191014鬢櫛山~榛名富士 (18)s


19.10.06
09:20駐車場 → 10:00鬢櫛山(1350m)10:04 → 10:21烏帽子ヶ岳下 
→ 10:37榛名湖温泉 → 11:19榛名富士(1390.5m)11:41 → 
12:08ビジターセンター → 12:29榛名湖温泉 → 12:50駐車場

行動時間:3時間30分
歩行時間:3時間04分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
石尊山、2003年春
2019/10/14(Mon)
この日、観音山に登頂したのち、
安中にまわり石尊山に登りました。

新幹線の安中榛名駅の先、
風戸峠手前、石尊山遊歩道駐車場からと
手帳に記録されています。

そこから、ただ本当にピークだけを踏んできたようです。


03.03.29
09:38遊歩道駐車場 → 09:46石尊山(570..9m)09:58 → ?遊歩道駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
烏帽子岳~湯ノ丸山 …その2
2019/10/11(Fri)
烏帽子岳を辞して湯ノ丸山に向かいます。
登りでも気がついていましたが、
クロマメノキが実をたくさんつけています。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (35)クロマメノキs


いくつか摘まんでいただきました。
おいしい。

霧が取れてきて、湯ノ丸山が見えてきました。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (36)s


前方の尾根もいい感じです。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (37)s


振り返れば烏帽子岳も見えます。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (39)s


もう少し頂上で待っていれば
と言う思いもありましたが、まあいいでしょう。
幾たびも登っている頂上ですし。

快調に下り、鞍部につきました。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (46)s


今度は湯ノ丸山に登り上げます。

途中、ノアザミが励ましてくれます。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (51)ノアザミs


それなり苦しんで湯ノ丸山山頂。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (53)s


この時期の日曜日にしては人が少ないかも。

頂上でひと休みし、地蔵峠に下ります。

途中から湯ノ丸山を振り返ります。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (68)s


スキー場まで下りてきました。
前方に西篭ノ登山が大きくなりました。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (85)篭ノ登山s


スキー場を直滑降し、無事下山。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (86)s


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (88)s


洋なしのタルトで締めくくりです。


19.10.06
07:28地蔵峠駐車場 → 08:10烏帽子岳・湯ノ丸山鞍部 → 08:32尾根
→ 08:41小烏帽子岳(2040m) → 08:52烏帽子岳(2066m)09:08 → 
09:43烏帽子岳・湯ノ丸山鞍部 → 10:25湯ノ丸山(2101m)10:39 → 
11:23地蔵峠駐車場

行動時間:3時間55分
歩行時間:3時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
烏帽子岳~湯ノ丸山 …その1
2019/10/10(Thu)
湯ノ丸山と烏帽子岳はセットで歩くことが多いですが、
私の場合、まず湯ノ丸山に登り、烏帽子岳にまわるのが定番。
ですが、今回は烏帽子岳から登ってみました。

地蔵峠からキャンプ場を越え、
烏帽子岳と湯ノ丸山の鞍部をめざします。

カラマツが色づきはじめていますが、
霧が濃いめでしょうか。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (1)s


鞍部到着。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (2)s


風が抜けるのか、北からの冷たい風と雨粒。

烏帽子岳へゆっくり登っていきます。

相変わらず霧の中。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (8)s


尾根に登り上げ、烏帽子岳に向かいます。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (9)s


小烏帽子岳山頂。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (12)s


もう少し。

マツムシソウが咲いていました。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (15)マツムシソウs


少し遅いでしょうか。

烏帽子岳山頂。


191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (16)s


風は弱いものの、霧の中。

お気に入りのマツムシソウを眺めながら、ひと休みです。



191006烏帽子岳~湯ノ丸山 (25)マツムシソウs


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ