category: きのこ  1/78

クチベニタケ

冷たい雨に濡れながら、唇を尖らしていました。17.10.14 高崎市にほんブログ村...

  •  2
  •  0

ツキヨタケ

まさか青梅の低山(でもないのかな)でみごとなツキヨタケが見られるとは…。いずれも、17.10.07 青梅市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ドクツルタケ

毒きのこにまつわる迷信で、「虫が食べていれば大丈夫」なんて言うのがありますが、猛毒のドクツルタケ、ナメクジに食べられたあとがあり、ハエもとまっています。ナメクジやハエはしばらく経つと毒にやられるのでしょうか…。いずれも、17.08.17 みなかみ町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ツキヨタケ

このくらいの大きさなら、ツキヨタケも美しいきのこ。幼菌のころはかわいらしいし、老菌になったときの、憎々しさもまたいいですね。存在感のあるきのこです。いずれも、17.09.12 みなかみ町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

サマツモドキ

夏のスギ林、目を惹く美しいきのこです。だいたいスギ林には大型のきのこは少ないのですが、サマツモドキはスギ林専属。古い切り株からよく発生しています。17.08.17 みなかみ町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ナラタケモドキ

どちらかといえば、夏のきのこでしょうか。ナラタケモドキ病といい、樹木を枯らす原因になります。ここの木々もやがて枯れるかな。いずれも、17.08.21 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

アミガサタケ

春の使者アミガサタケ。見かけると採取して、食べるきのこのひとつです。この子たちも、おいしくいただきました。いずれも、17.04.20 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0