FC2ブログ
ツキヨタケ
2019/10/31(Thu)
湖畔のミズナラの倒木から発生していました。

大きいし、多数が重なり合うように発生しますから、
見応えのあるきのこです。

ヒラタケやムキタケ、さらにはシイタケなどと
間違えて食べてしまうようです。
気をつけましょう。



ツキヨタケ191002大洞 (1)s


ツキヨタケ191002大洞 (3)s


ツキヨタケ191002大洞 (5)s


石突き(柄の根もとあたり)に黒っぽいシミがあるのが特徴です。



ツキヨタケ191002大洞 (6)s
いずれも、19.10.02 前橋市

どちらにしても、きのこ中毒はきのこのせいではありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マスタケ
2019/10/16(Wed)
おそらくミズナラの立ち枯れ木でしょうか。
登山道から少し入った場所でしたが、
このオレンジ色と大きさで目にとまりました。

笹藪をかきわけて、近くまで行き、
しっかり確認。



マスタケ191002地蔵岳 (1)s


マスタケ191002地蔵岳 (2)s


マスタケ191002地蔵岳 (3)s
いずれも、19.10.02 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
チャカイガラタケ
2019/09/23(Mon)
立ち枯れたミズナラでしょうか、
きのこがびっしり。

遠目にもよくわかったので、
近づいて撮りました。

今年、発生したようで、
まだきれいなチャカイガラタケです。

厚ぼったくて、分岐したひだがかわいいです。



チャカイガラタケ190908地蔵岳 (1)s


チャカイガラタケ190908地蔵岳 (5)s


チャカイガラタケ190908地蔵岳 (6)s
19.09.08 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チシオタケ
2019/03/04(Mon)
傷をつけると、赤い液がにじみ出てきます。
それが血潮でしょうか。

広葉樹の倒木に、
どこにでも発生する普通のきのこです。



チシオタケ180928みなかみ町水源の森 (2)s
18.09.28 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オウギタケ
2019/03/01(Fri)
中央のやや赤みの強いきのこがオウギタケです。


オウギタケ180923渋川市森林学習センター (1)s


まわりに数本発生しているのはアミタケ。
オウギタケはアミタケと仲良しで、
一緒に発生する特徴があります。


オウギタケ180923渋川市森林学習センター (4)s


少しくすんだ色合いのヒダ。

アミタケはその名のとおりヒダではなく網状の管孔ですから、
区別は用意です。


オウギタケ180923渋川市森林学習センター (6)s
いずれも、18.09.23 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツキヨタケ
2019/02/18(Mon)
ブナの倒木に発生していたツキヨタケ。
もうだいぶ雨に打たれているようで、
流れる直前のようです。


ツキヨタケ180928みなかみ町水源の森 (2)s


ツキヨタケ180928みなかみ町水源の森 (4)s
いずれも、18.09.28 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アミタケ
2019/02/16(Sat)
アカマツ林の地表、アミタケが群生していました。
お約束どおり、オウギタケも一緒に生えていました。
今回の写真には
オウギタケは写り込んでいないと思いますが、
後ほどオウギタケもアップします。

たくさん採れましたし、
あまりきのこは食べませんが、
このときは美味しくいただきました。



アミタケ180923渋川市森林学習センター (2)s


アミタケ180923渋川市森林学習センター (10)s


アミタケ180923渋川市森林学習センター (9)s
いずれも、18.09.23 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ