FC2ブログ
チシオタケ
2019/03/04(Mon)
傷をつけると、赤い液がにじみ出てきます。
それが血潮でしょうか。

広葉樹の倒木に、
どこにでも発生する普通のきのこです。



チシオタケ180928みなかみ町水源の森 (2)s
18.09.28 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オウギタケ
2019/03/01(Fri)
中央のやや赤みの強いきのこがオウギタケです。


オウギタケ180923渋川市森林学習センター (1)s


まわりに数本発生しているのはアミタケ。
オウギタケはアミタケと仲良しで、
一緒に発生する特徴があります。


オウギタケ180923渋川市森林学習センター (4)s


少しくすんだ色合いのヒダ。

アミタケはその名のとおりヒダではなく網状の管孔ですから、
区別は用意です。


オウギタケ180923渋川市森林学習センター (6)s
いずれも、18.09.23 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツキヨタケ
2019/02/18(Mon)
ブナの倒木に発生していたツキヨタケ。
もうだいぶ雨に打たれているようで、
流れる直前のようです。


ツキヨタケ180928みなかみ町水源の森 (2)s


ツキヨタケ180928みなかみ町水源の森 (4)s
いずれも、18.09.28 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アミタケ
2019/02/16(Sat)
アカマツ林の地表、アミタケが群生していました。
お約束どおり、オウギタケも一緒に生えていました。
今回の写真には
オウギタケは写り込んでいないと思いますが、
後ほどオウギタケもアップします。

たくさん採れましたし、
あまりきのこは食べませんが、
このときは美味しくいただきました。



アミタケ180923渋川市森林学習センター (2)s


アミタケ180923渋川市森林学習センター (10)s


アミタケ180923渋川市森林学習センター (9)s
いずれも、18.09.23 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドクツルタケ
2019/02/06(Wed)
小雨降る薄暗いブナ林の中で、
この白さに心おどります。

周囲に光を放つように美しく立っています。
そして、その白さに強い毒を持つということを
知っているからこそ感じる妖しさが加わります。

その単純ではない美しさに魅せられるのかも知れません。



ドクツルタケ180928みなかみ町水源の森 (10)s


ドクツルタケ180928みなかみ町水源の森 (12)s


ドクツルタケ180928みなかみ町水源の森 (14)s


ドクツルタケ180928みなかみ町水源の森 (2)s


ドクツルタケ180928みなかみ町水源の森 (7)s
いずれも、18.09.28 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガンタケ
2019/02/05(Tue)
いかにもテングタケの仲間という特徴と、
赤みを帯びているところで
比較的見分けやすいきのこです。

ミズナラ林の笹藪の中に1本だけ発生していました。



ガンタケ180917高崎市蛇ヶ岳 (8)s


ガンタケ180917高崎市蛇ヶ岳 (6)s


ガンタケ180917高崎市蛇ヶ岳 (5)s
いずれも、18.09.17 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒメベニテングタケ
2018/12/29(Sat)
久しぶりに会ったヒメベニテングタケです。
まだ幼菌ですけど。

成長してもかわいらしいきのこです。

成長した写真がないかと検索してみましたけど、
ありません。
と言うことは、よく出会って写真を撮っていたのは
まだフィルムカメラのころだったんですね。
当時の写真は整理が悪く、
さてどこにあることか…ざんねん。



ヒメベニテングタケ180928みなかみ町水源の森 (3)s
18.09.28 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ