FC2ブログ
2019 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 04
コオニユリ
2019/03/21(Thu)
蒸し暑い夏の山道、
コオニユリのオレンジは元気を呼び起こします。
さあ、もうひとがんばりしましょうかと。


コオニユリ180801東御市湯ノ丸山 (1)s
18.08.01 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | お花 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
笠山、堂平山、2001年早春
2019/03/20(Wed)
この日、笠山峠まで車で行き、
笠山と堂平山をそれぞれピストンしてきたようです。

このころは、ピークをめがけて
効率性を重視していましたから、
こういう登り方でした。

昨年、白石峠から堂平山、笠山と歩き、
東秩父に下ったような歩き方の方が、
今は楽しいかな。


180318堂平山ほか (17)s
18.03.18 堂平山から八ヶ岳

01.03.16
09:40笠山峠 → 10:00笠山(837m)10:10 → 10:25笠山峠
→ 10:40堂平山(875.9m)10:55 → 11:10笠山峠

行動時間:1時間30分
歩行時間:1時間05分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山登りのいろは  たのしい登山ヒント集
2019/03/19(Tue)
ホシガラス山岳会著、2015年、パイ インターナショナル刊


IMG_6095s.jpg


あらためて発行年を確認すると2015年。
どおりで掲載されている山服やグッズを
検索してもヒットしないはず。

でも、とても楽しく読めました。
2ページ見開きで、写真やイラストを多用しての記事、
今さらな部分ももちろん多いけど、
そうかぁ…と発見もいっぱい。

この手の本は、雑誌の特集も含め、たくさんあるけど、
そんな中では楽しませてくれること間違いなしです。
書店で見かけたら、手に取ってみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コキンレイカ
2019/03/18(Mon)
湯ノ丸山と烏帽子岳あたりは
本当に高山植物が豊富です。
このとき撮影した花々はまだ多くあります。
もっとゆっくり歩いてじっくり観てまわりたいですね。
一日、楽しめそうです。



コキンレイカ180801東御市湯ノ丸山 (1)s


コキンレイカ180801東御市湯ノ丸山 (2)s


コキンレイカ180801東御市湯ノ丸山b (2)s


コキンレイカ180801東御市湯ノ丸山 (4)s
いずれも、18.08.01 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釜伏山、登谷山、皇鈴山、2001年冬
2019/03/17(Sun)
ぜんぜん覚えていません。
昨秋、大霧山から釜伏山に縦走し、
さらに寄居駅まで歩きましたが、
まったく釜伏山の記憶、なかったし…。

しかも、このときは車をフル活用して、
わずかしか歩いていません。

だから記憶に残らないのかな…。



181021大霧山~釜伏山~寄居 (29)s
18.10.21 釜山神社

01.02.13
09:40釜山神社 → 09:50釜伏山(582m) → 10:00釜山神社

10:10登谷牧場 → 10:15鎧山(657.7m) → 10:25登谷山(668m)10:45 
→ 10:50登谷牧場

11:00皇鈴山北西登山口 → 11:05皇鈴山(679m) → 11:13小ピーク
→ 11:20愛宕山(654.9m) → 11:35皇鈴山北西登山口

行動時間:1時間35分
歩行時間:1時間15分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
西上州の岩山藪山
2019/03/16(Sat)
二木久夫著、1981年、現代旅行研究所刊


IMG_6075sc.jpg


まだ叶山に登れたころの西上州の記録がいっぱい。
地元の人も知らないようなルートを
情熱を注ぎ込んで歩いた記録です。
ハードすぎて参考にできないようなコースが多いです。

でも、昭和40~50年代の西上州の様子が知れて
興味深く読めました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コマクサ
2019/03/15(Fri)
名残のコマクサです。
干涸らびかけている感じ。

とは言え、昨年見た唯一のコマクサでした。



コマクサ180801東御市烏帽子岳 (2)s


コマクサ180801東御市烏帽子岳 (3)s
いずれも、18.08.01 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ