FC2ブログ
2018 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 02
ユウスゲ
2019/01/16(Wed)
榛名山の沼ノ原のユウスゲです。
沼ノ原にはゆうすげの道として、
木道が整備されているくらいユウスゲの多いところです。



ユウスゲ180818榛名山沼ノ原 (1)s


ユウスゲ180818榛名山沼ノ原 (4)s


ユウスゲ180818榛名山沼ノ原 (2)s
いずれも、18.08.18 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
助戸東山 …その2
2019/01/15(Tue)
頂上ではランチをして、お茶して、
写真を撮って、絵を描いて、
暖かいのをいいことに1時間以上もゆっくりしました。

もう一度、名残の助戸東山頂上。


190113助戸東山 (13)s


北側に下山します。

少し下ったところで、頂上を振り返ります。


190113助戸東山 (15)s


先日登った両崖山がよく見えます。


190113助戸東山 (16)両崖山s


少し急な階段を下ると登山口、
日本ミツバチの巣箱が置いてありました。


190113助戸東山 (20)s


登山口。


190113助戸東山 (21)s


ハイキングコースの看板が立っていて、
右側の階段を登っていきます。

東側の車道を車に向かい歩きます。

この日、歩いた峰々がよく見えます。


190113助戸東山 (22)s


20分ほどで駐車場到着。


190113助戸東山 (23)s


無事下山です。


19.01.13
11:04定年寺駐車場 → 11:08尾根 → 11:18雷電神社 → 
11:30助戸東山(115.9m)12:42 → 12:56車道 → 13:15定年寺駐車場

行動時間:2時間11分
歩行時間:0時間59分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
助戸東山 …その1
2019/01/14(Mon)
足利の街中に横たわる助戸の山々、
以前から気になっていましたが、
今回、ようやく縦走することができました。

まずは南側の登山口、定年寺。


190113助戸東山 (1)s


本堂の手前を左へ進み、
墓地の中を登っていくと尾根に登り上げます。
ここから本格的な山道です。


190113助戸東山 (2)s


ほんのひと登りで、御神石鏡岩。


190113助戸東山 (3)s


足利の東半分が見渡せます。

鏡岩のすぐ上には雷電神社。
その中にあったハイキングコースマップ。


190113助戸東山 (5)s


300kcal、しかも往復してか…。

明るい気持ちのよい尾根歩きです。


190113助戸東山 (6)s


助戸東山登頂。


190113助戸東山 (7)s


なかなかかっこいい山名板。


190113助戸東山 (8)s


鳩かな、頂上で待っていてくれました。



190113助戸東山 (9)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タムラソウ
2019/01/13(Sun)
アザミに似ていますが、棘がありません。
これがいちばんの特徴でしょうか。
アザミと同じキク科です。

アキノタムラソウと言う植物もありますが、
シソ科ですし、まったく別の姿をしています。


タムラソウ180812高崎市榛名山 (6)s


タムラソウ180812高崎市榛名山 (7)s


タムラソウ180812高崎市榛名山 (2)s


タムラソウ180812高崎市榛名山 (3)s
いずれも、18.08.12 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マツムシソウ
2019/01/12(Sat)

昨夏が思い出されるマツムシソウをアップします。

マツムシソウは
このブログのプロフィール画像に使っているように、
私の大好きな花です。

毎年、夏にはマツムシソウとの出会いを楽しみに
山に向かいます。

そして、去年も湯ノ丸山でいっぱい見ることができ、
ここに紹介します。

同じような写真ですが、
お楽しみください。



マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山 (3)s


マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山c (6)s


マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山c (5)s


マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山 (2)s


マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山 (6)s


マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山c (4)s


マツムシソウ180801東御市湯ノ丸山c (8)s
いずれも、18.08.01 湯ノ丸山

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒斑山~蛇骨岳 …その4
2019/01/11(Fri)
蛇骨岳の少し先、岩壁の上でランチタイム。

とりあえずは浅間山。


190106黒斑山~蛇骨岳 (44)s


アップ。


190106黒斑山~蛇骨岳 (45)s


そして、黒斑山。


190106黒斑山~蛇骨岳 (46)黒斑山・赤岳s


肩に赤岳が見えます。

広角で富士山と八ヶ岳のツーショット。


190106黒斑山~蛇骨岳 (47)富士山・八ヶ岳s


少し離れていますね。

持っていったおむすびやスコーンを食べているうちに
身体が冷えてきました。
仙人ヶ岳くらいまでとも思いましたが、
今ひとつ気乗りしないので、戻ることに。

今度は左側に浅間山、
前方に富士山を見ながらの歩行です。

黒斑山を再び越え、
トーミの頭を過ぎた辺り、
鹿島槍ヶ岳が気になります。


190106黒斑山~蛇骨岳 (49)鹿島槍s


遙か昔、初冬、雪をまといはじめたころに登ったきりです。
再びあの頂に立ちたいと思う憧れの山。

そして、冷静になれば扇沢辺りの山々が美しく見えます。


190106黒斑山~蛇骨岳 (50)鹿島槍s


そして、槍ヶ岳から穂高まで。


190106黒斑山~蛇骨岳 (51)北ア南部s


大キレットと槍ヶ岳のアップ。


190106黒斑山~蛇骨岳 (52)北ア南部s


さらに下ると再び鹿島槍ヶ岳が目にとまります。


190106黒斑山~蛇骨岳 (53)鹿島槍s


左は爺ヶ岳ですね。
右端は五竜岳か。

再びの鹿島槍ヶ岳、アップ。


190106黒斑山~蛇骨岳 (55)鹿島槍s


あとはひたすら下って、無事下山です。



190106黒斑山~蛇骨岳 (56)s


19.01.06
07:25車坂峠 → 07:55車坂山(2054m) → 09:28槍ヶ鞘 → 
09:45トーミの頭(2320m) → 10:10黒斑山(2404m) →
10:42蛇骨岳(2366m)11:10 → 11:43黒斑山 → 11:53トーミの頭
→ 12:37車坂峠

行動時間:5時間12分
歩行時間:4時間34分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
黒斑山~蛇骨岳 …その3
2019/01/09(Wed)
トーミの頭からの眺めです。

まずは黒斑山と鋸岳に至る外輪山。


190106黒斑山~蛇骨岳 (34)s


いつも見てもかっこいいです。

こちら北アルプス、大キレット周辺の稜線です。


190106黒斑山~蛇骨岳 (36)北ア南部s


そして、富士山と奥秩父。


190106黒斑山~蛇骨岳 (37)富士山・奥秩父s


もちろん目の前に浅間山がどんとありますけど。

林間の登りをゆっくりと黒斑山に登っていきます。
この日は湯ノ平に下る道にもトレースがありました。
いつか雪の時期に浅間山(前掛山)に登りたいな。
天狗温泉からの方がいいかな。

右手に浅間山を眺めながら、黒斑山到着です。


190106黒斑山~蛇骨岳 (38)s


黒斑山からの浅間山。


190106黒斑山~蛇骨岳 (39)s


山頂は狭く、次々に人が登ってきますから、
先に進みます。
蛇骨岳への途中から黒斑山を振り返ります。


190106黒斑山~蛇骨岳 (40)s


雪のついた針葉樹も森が美しいし、
富士山も見えます。

富士山だけアップです。


190106黒斑山~蛇骨岳 (42)富士山s


いつもどおり、遠い遠いと思いつつ蛇骨岳です。


190106黒斑山~蛇骨岳 (43)s


それにしてもスノーシューを外してから快調。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ