蓼科山・双子山 …その3
2018/07/23(Mon)
蓼科山には何度となく登っています。
そのとき、三角点のある地点に到達するだけで、
祠やまして反対側になんて行ったことがありませんでした。
この日は余裕の山行だったので、
向こう側に足を上してみました。

岩から岩へ、飛ぶようにして渡り、
向こう側からの頂上です。


180719蓼科山 (24)s


真ん中に標が立っています。

かなり時間が早いけど、
八ヶ岳南部を眺めながらのランチ。


180719蓼科山 (30)s


残念ながらのノンアルコールビールと冷製パスタ。

あらためて八ヶ岳南部。


180719蓼科山 (33)八ヶ岳南部s


馴染みの峰々が並んでいます。

大キレットを中心にして、穂高から槍。


180719蓼科山 (34)大キレットs


これから向かう双子山。


180719蓼科山 (36)双子山s


頂上で1時間ほど過ごし、下山にかかります。

将軍平から蓼科山を振り返ります。


180719蓼科山 (37)s


来た道を大河原峠に戻ります。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(1) | TB(0) | ▲ top
蓼科山・双子山 …その2
2018/07/22(Sun)
それでは蓼科山頂からの展望をお楽しみください。

南アルプス。
右から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山かな。


180719蓼科山 (13)南アルプスs


その左には八ヶ岳南部。


180719蓼科山 (14)八ヶ岳南部s


左手前に天狗岳、奥左から、硫黄岳、横岳、赤岳、中岳、
阿弥陀岳、権現岳、編笠山、西岳でしょうか。

南アルプスの右には中央アルプス。


180719蓼科山 (16)中央アルプスs


残念ながら、山座を指差することができません。

御嶽山。


180719蓼科山 (17)御嶽山s


乗鞍岳。


180719蓼科山 (18)乗鞍岳s


穂高から大キレットをはさんで槍ヶ岳まで。


180719蓼科山 (19)大キレットs


槍ヶ岳。


180719蓼科山 (20)槍ヶ岳s


そしてそして、憧れの鹿島槍ヶ岳。


180719蓼科山 (22)鹿島槍ヶ岳s


こちらは浅間山と黒斑山。



180719蓼科山 (23)浅間山s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蓼科山・双子山 …その1
2018/07/21(Sat)
軽く、のんびりと、
大河原峠から蓼科山と双子山へ登ってきました。


180719蓼科山 (1)s


まずは蓼科山へ。

歩き出してすぐ、大河原峠と双子山を振り返ります。


180719蓼科山 (2)双子山s


それなり、双子山も大きく見えます。

もくもくと樹林帯を登っていると、
ひょっこり佐久市最高地点。


180719蓼科山 (3)s


赤谷ってどこ?といつも思う分岐。


180719蓼科山 (4)s


このルートを下ったのはもう2年も前か…。

蓼科山が見えてきました。


180719蓼科山 (5)s


まだ、急登が待っていますね。


180719蓼科山 (6)s


もちろん蓼科山。


180719蓼科山 (8)s


蓼科山荘が見えてきました。

そのまま、最後の急登にかかります。

途中から、雲上の浅間山。


180719蓼科山 (10)浅間山s


思うほどではなく、広い山頂に到着。


180719蓼科山 (12)s


三角点も健在。



180719蓼科山 (11)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四阿山 …その4
2018/07/20(Fri)
クルマユリが登山道沿いに咲いていました。


180715四阿山 (64)s


アップ。


180715四阿山 (63)s


今度はバイケイソウ。


180715四阿山 (65)s


花に寄せて。


180715四阿山 (66)s


オオシラビソの球果を目の高さで見ることができました。


180715四阿山 (75)s


球果三兄弟、かわいらしいし、
不思議な美しい色をしています。

ようやく浦倉山山頂。


180715四阿山 (79)s


いつ来ても何ということのない稜線上の出っ張りです。

さて一気に下山。


180715四阿山 (80)s


野地平を歩いて下るつもりでしたが、
ゴンドラが動いているとのこと、迷わず乗りました。

まだまだ車道を車まで30分ほど歩かねばなりません。

キャベツ畑の向こうに四阿山と
この日歩いたコースが遠望できました。


180715四阿山 (82)s


車に到着。


180715四阿山 (93)s


無事下山です。


18.07.15
06:31石樋の滝駐車場 → 06:36登山口 → 08:00茨木山(1619.3m)
→ 09:28鬼岩09:32 → 09:50休憩10:01 → 11:08稜線 → 
11:27四阿山三角点(2333.2m) → 11:34四阿山(2354m)11:54 → 
12:13茨木山分岐 → 13:20ゴンドラ駅上 → 13:28浦倉山(2090.8m)
→ 13:36ゴンドラ駅 = 13:56ゴンドラ山麓駅 → 14:35石樋の滝駐車場

行動時間:8時間04分
歩行時間:7時間09分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四阿山 …その3
2018/07/19(Thu)
標をよく見ると、早くも「群馬県境稜線トレイル」のタグが
つけられていました。


180715四阿山 (43)s


白毛門から四阿山まででしたね。
歩けるかな。

さすがにパルコール嬬恋からの稜線、
歩いている人もいて、
だいぶにぎやかになりました。
これまで誰にも会わなかったのがうそのようです。

なんとかがんばって、四阿山頂上。


180715四阿山 (44)s


なんとびっくり、満員で腰を下ろす場所さえありません。
どこからこんなに人が湧いてきたのでしょう。

それでも、何枚か撮影しました。

根子岳と北アルプス。


180715四阿山 (46)s


北アルプスはまだ雪が残っていて、涼しそうです。

こちらは、後悔をしつつ登ってきた茨木山からの尾根。


180715四阿山 (48)s


球果をたくさんつけたオオシラビソ。


180715四阿山 (50)s


最高地点と少し離れたところにある三角点。


180715四阿山 (53)s


こちらはササに埋もれそうですし、
周りに人なんていません。
淋しそう。

あらためて根子岳と北アルプス。


180715四阿山 (54)s


鹿島槍ヶ岳を中心として。


180715四阿山 (55)s


鹿島槍ヶ岳のアップ。


180715四阿山 (57)s


さて、下山です。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
四阿山 …その2
2018/07/18(Wed)
茨木山からも急登になると後悔をし、
緩やかになると足が軽く、
下りがはさまると、何で!?と怒りつつ、
先に進みます。
1時間ほど行き、少し開けたところで、
道ぎわにニッコウキスゲが咲いていました。


180715四阿山 (22)s


180715四阿山 (25)s


なごまされます。

さらに進むと、視界が開け、浅間山が見えました。


180715四阿山 (26)s


多くは浅間側、蛇骨岳あたりから四阿山を展望していますから、
今日は逆ですね。

続いて、水ノ塔山~篭ノ登山のあたりです。


180715四阿山 (27)s


そして、湯ノ丸山と烏帽子岳。


180715四阿山 (28)s


やがて、大きな岩というか岩脈の北側を巻き、その上側に。

鬼岩の標がありました。


180715四阿山 (29)s


そうすると、今通ってきた岩脈が鬼岩だったんですね。

下側、茨木山側にも案内が欲しかったなぁ。
そして鬼岩の位置ですが、
山と高原地図と地形図の記載場所が異なっています。
どうも地形図が誤っているようです。

さて、後悔し後ろを振り返りつつ登ってきましたが、
いよいよ高さを増し、稜線が近づいてくると、
もう前に進むしかありません。

南側には湯ノ丸山、烏帽子岳の間に蓼科山が見えてきました。


180715四阿山 (30)s


いいね、蓼科山。
見ると登りたくなります。

浅間山もだいぶ高さが追いついてきたような。


180715四阿山 (31)s


キソチドリでしょうか。


180715四阿山 (36)s


これは、オノエランかな。


180715四阿山 (40)s


最後の急登を頑張り抜いて、
浦倉山からの稜線に登り上げました。


180715四阿山 (41)s


疲れた。
もう二度とこの尾根は登らないと誓いました。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四阿山 …その1
2018/07/17(Tue)
前々から計画書はできていて懸案になっていた四阿山、
茨木山コースを登り、、浦倉山、パルコールを
下るコースを歩きました。

車は石樋の滝入口の駐車場に止めて、登山口へ。


180715四阿山 (1)s


けっこう藪っぽくなっています。
歩き出してもしばらく藪が続き、
倒木もけっこうあります。
今年はまだ刈り払いをしていないようです。

5分ほど歩くと、藪も気にならなくなりました。
やがて、丸木橋。


180715四阿山 (2)s


そっと足をのせてみましたが、
滑りそうだし、かなりしなります。
こんなところでこけても仕方ないので、
橋の横を歩きました。

茨木山への急登を喘ぎつつ登ります。
まだ7時半過ぎだというのに蒸し暑い。

イチヤクソウが道際に咲いていました。


180715四阿山 (4)s


180715四阿山 (12)s


180715四阿山 (15)s


歩き出してしまったことを何度も後悔しつつも、
ようやく開けたところに登り上げると、
なにやら標っぽいものが木についています。


180715四阿山 (19)s


茨木山山頂でした。


180715四阿山 (20)s


展望もないし、三角点も見つからないし、
しばらくはゆるゆると登りそうなので、
先ほどの後悔を思い出しつつも、
足を伸ばします。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ