FC2ブログ
小さな桃源郷 ---山の雑誌アルプ傑作選
2019/11/23(Sat)
池内 紀編 2018年3月25日 中央公論新社発行


IMG_7505sc.jpg


アルプは、串田孫一氏らが1958年に創刊した山の文芸誌です。
25年にわたり発行しました。
いまも古書店でときどき見かけます。
たぶん、買い求めたことはなかったと思うけど、
今度見かけたら、買ってみようかな。

そんなアルプの中から、池内紀氏が選んだ33編が載っています。
いずれも、楽しく読むことができます。
もちろん、通しで読みましたが、
バッグに忍ばせ、
ちょっとした待ち時間に1編を味わうのもよいかも知れません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オヤマリンドウ
2019/11/21(Thu)
秋の花と言えばリンドウ、
その中でも、オヤマリンドウは存在感があります。

オヤマリンドウの咲いたところを見たことないな
と思い、調べてみると、
晴天のとき、わずかに…
なんて書いてあるものもありましたが、
ほとんど開かないようですね。

どうりで…

と言うことで、
この写真のものがつぼみなのかどうかわかりません。



オヤマリンドウ191006湯ノ丸山 (1)s


オヤマリンドウ191006湯ノ丸山 (2)s
いずれも、19.10.06 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
水ノ塔山~高峯山、2003年梅雨
2019/11/20(Wed)
車坂峠からおそらく林道を行き、
高峰温泉からまず水ノ塔山へ、
そして、高峯山に登り、
車坂峠へ戻りました。

山の手帳には、6月21日と記されていますが、
画像ファイルは22日。
ちょうど、21、22と土日なので、
どちらも可能性がありますが、
おそらく、ファイルの記録が正しいのでしょう。



DSC00007_20191120162407340.jpg
03.06.22 高峯山

03.06.21
07:53車坂峠 → 08:10高峰温泉 → 08:45水ノ塔山(2202m)09:00
→ 09:25高峰温泉 → 09:55高峯山(2106m)10:20 → 10:50車坂峠

行動時間:2時間57分
歩行時間:2時間17分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リュウノウギク
2019/11/18(Mon)
野菊と言われるなかで、
このリュウノウギクがいちばん菊らしいなと思います。

ほかにも花の白いキク科草本は多くありますが、
それらは同定が難しいです。

アザミの仲間と白いキクの仲間は苦手です。
そのうちに、いつか、必ず、
しっかり勉強しようと思っています。



リュウノウギク191005雨乞山 (1)s


リュウノウギク191005雨乞山 (4)s
いずれも、19.10.05 沼田市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マユミ
2019/11/17(Sun)
8月8日にほんのり色づいていた大沼湖畔のマユミの実、
この日、10月2日ですが、
すっかり薄紅色になっていました。


マユミ191002地蔵岳 (5)s


マユミ191002地蔵岳 (3)s


マユミ191002地蔵岳 (4)s
いずれも、19.10.02 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
山人の賦Ⅰ  尾瀬・奥只見の猟師とケモノたち
2019/11/16(Sat)
平野 惣吉 述  志村 俊司 編、1984年11月27日 白日社発行


IMG_7128cs.jpg


平野氏は1900年(明治33年)生まれ、
桧枝岐で開墾をし、
雑穀を作り、
木を伐り、木工をし、
猟をし、イワナを釣り、生活してきた方です。
その平野さんの話をまとめたものがこの本です。

厳しい生活とケモノやイワナ、猟や釣りの話が
方言で語られています。
当時の山深い村の生活がよくわかり、
興味深く読めました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オヤマボクチ
2019/11/08(Fri)
オヤマボクチはその名前を知るまでは、
よく観もしないで、さわりもしないで、

この大きなアザミはなんだろう。
どうせアザミは難しくてよくわからないから無視。

などと思って、見て見ぬふりをしていました。
ところが、名前がわかるようになってから、
あちらこちらで見かけます。
知ると出会いが増えますね。



オヤマボクチ191006烏帽子岳 (1)s


オヤマボクチ191006烏帽子岳 (2)s


オヤマボクチ191006烏帽子岳 (3)s


オヤマボクチ191006烏帽子岳 (6)s
いずれも、19.10.06 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ